シンポジウム講演一覧


主題 開催領域

2020年秋季大会

磁性・強相関分野における中性子散乱の新展開 〜JRR-3再稼働に向けて〜 領域3,領域8, 領域10

2019年秋季大会

次世代スピントロニクスに向けた軟X線放射光計測技術の発展 領域5,領域3
量子ナノ物性における固体核スピンの計測と制御 領域4,領域3,領域8

2019年第74回年次大会

トポロジカル材料科学と革新的機能創出 領域4,領域3
超伝導位相物理に基づくデバイスの進展ー非線形増幅・新奇ジョセフソン素子 領域6,領域1,領域3,領域4,領域8
J-PARC物質生命科学実験施設の10年 ー成果と将来ー 領域10,素粒子実験領域,領域1,領域3,領域8,領域12
低次元トポロジカル絶縁体・スピン物性の新展開 領域4,領域3,領域7,領域8,領域9
ヘリウム単原子層の量子物性 ー最近の進展ー 領域6,領域3,領域7
機械学習と物理 素粒子論領域,理論核物理領域,宇宙線・宇宙物理領域,領域3,領域4,領域8,領域11
有機分子と表面の出会いがもたらす多体相関物性 領域9,領域3,領域7

2018年秋季大会

磁気励起に現れる量子多体効果ー最近の進展ー
Quantum Many-Body Effect in Magnetic Excitations -Recent Progress-
領域3,領域8,領域11
拡張多極子が拓くスピン軌道物性の新展開 領域8,領域3,領域4
Machine learning in condensed matter physics 領域11,領域3,領域4,領域8
ナノスピン変換から強結合スピントロニクスへ
From Nano-spin conversion to strongly coupled spintronics
領域3

2018年第73回年次大会

キタエフスピン液体とマヨラナ粒子:
理論と実験を両輪とした最近の発展と展望
領域8,領域1,領域3,領域4,領域11
Control of Strongly Correlated Electron Systems with DC Current 領域8,領域11,領域3
トポロジーがもたらす物理学の新展開 領域8,領域4,領域3,領域1,領域11

2017年秋季大会

超伝導スピントロニクスの物理とその展望 領域6,領域3,領域8
放射光を用いた磁性研究の30年−磁気円二色性の新たな展開−
30-Year Exploration of Magnetism by Synchrotron Radiation -New Direction of Magnetic Circular Dichroism-
領域5,領域3,領域8
Haldane現象とその展開 領域3,領域8,領域11

2017年第72回年次大会

ダイヤモンド型量子スピン鎖の物理とその発展 領域3
テンソルネットワーク法とその可能性 領域11,領域3,素粒子論領域
電子・水素・イオンの動的複合相関を考慮した物質生命科学 領域10,領域3,領域8,ビーム物理領域
Emergent phenomena in π-electron systems 領域7,領域8,領域3
加速器駆動中性子源による中性子科学の新展開 ビーム物理領域,素粒子実験領域,実験核物理領域,領域3,領域10,領域12

2016年秋季大会

材料研究が拓く界面・不均一系の物性科学 領域9,領域3,領域5,領域7,領域8,領域10
トポロジカル材料開発の新展開 領域4,領域3,領域5,領域7,領域8,領域9
強磁性相互作用を含むフラストレート量子磁性体の新奇物性
Novel Phenomena in Frustrated Quantum Magnets with Ferromagnetic Interactions
領域3,領域7,領域8,領域11

2016年第71回年次大会

Commonalities and individualities in unconventional superconductors 領域8,領域3,領域7
対称性の破れと量子位相流 領域8,領域3,領域4,領域5
スピン軌道相互作用を機軸とするスピン物性研究の最前線 領域3

2015年秋季大会

表面・界面数原子層の磁気物性 領域9,領域3
新奇トポロジカル物質・トポロジカル現象の探索,新展開
Recent progress in topological matters and topological phenomena
領域4,領域3,領域8
複合自由度が生み出す巨大エントロピーとその制御 領域8,領域3
量子スピン液体の最近の発展 領域3,領域7,領域8,領域11

2015年第70回年次大会

第一原理計算手法の現状と展望 領域11,領域3,領域4,領域8,領域9,領域10
スピン軌道物理の新展開ーKitaev型異方的相互作用が創出する新奇な物性ー 領域8,領域3
スピン系の磁場誘起量子相・トポロジカル相の新展開 領域3,領域8,領域11
『京』が拓いた物性物理 領域11,領域3,領域9
スピン分光法の最近の現状と展望 領域3,領域7,領域5
マテリアルズインフォマティクスの現状と将来 領域11,領域3,領域6,領域9,領域10

2014年秋季大会

対称性で守られたトポロジカル(SPT)相と量子エンタングルメント 領域3,領域1,領域11
表面スピンの基礎物性とスピントロニクス応用 領域9,領域3
光で制御する量子多体系・スピン系のダイナミクス 領域5,領域3,領域8,領域1
コバルト酸化物のスピンクロスオーバー現象の新展開 領域8,領域5,領域3

2014年第69回年次大会

スピン液体:実験研究の最前線 領域7,領域3,領域8
スピン1/2籠目格子反強磁性体の最近の進展 領域3,領域8,領域11

2013年秋季大会

負熱膨張の新展開-相変態に伴う巨大応答と新物質- 領域8,領域3,領域10
トポロジカル量子現象の新概念
New concepts in topological quantum phenomena
領域8,領域4,領域6,領域3
Quantum Spin Ice : Dynamics and Quantum Electrodynamics of Magnetic Monopoles
量子スピンアイス:磁気単極子のダイナミクスと量子電磁気学
領域3
有機半導体におけるスピン自由度と電荷ダイナミクス 領域7,領域3

2013年第68回年次大会

元素戦略が促進する分野融合と物理 領域8,領域3,領域4, 領域7,領域9,領域10
核スピンエンジニアリングへの挑戦
〜ナノ領域における核スピンの検出・制御とその応用に関する話題〜
領域4,領域1, 領域3,領域5
パリティ混成が拓く新しい強相関量子物性科学 領域8, 領域3
エクサスケールに向けて歩み出す計算物理学 素論,理核,領域11,領域9,領域8,領域7,領域3,領域4,領域5,領域6,領域12
フォノンの理解・制御によるエレクトロニクスの新展開
Novel phononic electronics in solid state devices
領域4,領域3,領域5,領域7,領域10

2012年秋季大会

単分子磁性体研究の深化と多角化 領域3
デバイス物理の新展開―電界効果の物質科学―New direction in device physics 領域7, 領域3,領域4

2012年第67回年次大会

物理学における新・元素戦略 領域8,領域3,領域4, 領域7,領域9,領域10
スピン変換の物理とその関連現象
Physics of spin conversion and related phenomena
領域3,領域4, 領域8
新物質が切り拓く次世代の強相関物性科学 領域8,領域3,領域7

2011年秋季大会

強相関系の軌道・多極子秩序とその観測 領域8,領域3,領域5
垂直磁気異方性はどこまで理解されてきたか 領域3,領域9,領域5
軟X線散乱による秩序状態と電子構造研究の進展 領域5,領域8,領域3
遍歴磁性と超伝導 - 両者の統合的な理解に向けて 領域8,領域3

2010年秋季大会

「マイクロ波テラヘルツ波による加熱の物理機構」
Physical Mechanism of the Heating by Electromagnetic Waves at GHz-THz
領域2,領域3
新たな展開を迎えたメスバウアー・核共鳴散乱分法 -最先端物性研究のプローブとして- 領域10,領域3,領域8
スピン依存電気伝導〜次世代のスピントロニクスを目指して 領域4,領域3,領域8
誘電体に潜む新しい秩序-最近の話題- 領域10,領域8,領域7,領域3

2010年第65回年次大会

光電子分光によるフェルミオロジー研究の最先端 領域8,領域5,領域3
X線磁気円二色性による極限条件下の物性研究〜新しい磁気プローブとして〜
Physics of spin conversion and related phenomena
領域5,領域3,領域8
量子スピンホール系・トポロジカル絶縁体の物理とその発展 領域4,領域3,領域9,領域6
電子自由度が引き起こす強誘電性の新規物性 領域10,領域3,領域8

   シンポジウム講演・講演者リスト


2020年秋季大会

磁性・強相関分野における中性子散乱の新展開 〜JRR-3再稼働に向けて〜 領域3,領域8, 領域10
(一般シンポジウム講演)はじめに
東大物性研 益田隆嗣
(一般シンポジウム講演)スピン系の時空間構造の量子ビーム散乱研究
東大 新領域 有馬孝尚
(一般シンポジウム講演)中性子散乱を用いた交差相関物性研究のこれまでとこれから-定常炉中性子の活用-
東大物性研 中性子科学研究施設 中島多朗
(一般シンポジウム講演)J-PARCにおける強相関電子系研究とJRR-3・J-PARC相補利用への期待
J-PARC Cente 梶本亮一
(一般シンポジウム講演)原子力機構装置群を活用したJRR-3再稼働後の強相関電子系研究:J-PARCとの相補利用
原子力機構 物質科学セ 金子耕士
(一般シンポジウム講演)東北大学装置群を用いた結晶・磁気構造同定と偏極中性子散乱の今後
東北大 金研 南部雄亮
(一般シンポジウム講演)新しい磁気励起や非平衡現象の観測手段としての中性子散乱の利用法の提案
茨城大 物理 佐藤正寛
(一般シンポジウム講演)3次元フラストレート磁性体に現れる低次元性
東大物性研 物質設計評価施設 廣井善二
(一般シンポジウム講演)新しい磁気励起や非平衡現象の観測手段としての中性子散乱の利用法の提案
広大 先端研 鬼丸孝博
(一般シンポジウム講演)おわりに
東大 物性研 山室修


     招待講演一覧


2018年秋季大会

主題 開催領域
直交ダイマー系SrCu2(BO3)2の圧力下THzESRによる量子相転移の観測
櫻井敬博 (神戸大研究基盤セ)
領域3,領域8

2018年第73回年次大会

ワイル磁性体における巨大な異常ネルンスト効果
冨田崇弘 (東大物性研)
領域8,領域3,領域4
大規模数値対角化計算で見たカゴメ格子反強磁性体とその周辺
中野博生 (兵庫県立大物質理)
領域3,領域8,領域11
極低温で磁化を測る―磁場誘起の量子相転移への応用
榊原俊郎 (東大物性研)
領域8,領域3
量子スピンダイマー系の電気磁気効果
木村尚次郎 (東北大金研)
領域3

2017年秋季大会

二本足梯子系における圧力誘起絶縁体−金属(超伝導)転移
上田豊 (豊田理研)
領域8,領域3

2017年第72回年次大会

物性測定用精密高圧セルの開発と磁性研究への応用
立岩尚之 (原子力研究開発機構)
領域3,領域8
Skew scattering in correlated materials for spintronics
Ziman Timothy (ILL)
領域3
Unconventional magnetothermal transport in 1D quantum magnets
Zotos Xenophon (クレタ大学)
領域11,領域3
単原子層ヘリウムの新奇量子相ー量子液晶、超結晶、マヨラナ磁気素励起ー
福山寛 (東大院理)
領域6,領域1,領域3,領域8,領域12

2016年秋季大会

ランダムネスが誘起する3角、カゴメ格子上の量子スピン液体
川村光 (阪大理)
領域3,領域7,領域8,領域11
Low dimensional frustrated quantum magnets: A playground for solid state physics
Suellow Stefan (Technical University of Braunschweig)
領域8,領域3

2015年秋季大会

有機磁性体による低次元量子スピン系研究の最近の展開
細越裕子 (大阪府大理)
領域3,領域7,領域8,領域11
偏光依存角度分解内殻光電子分光による強相関電子系基底状態の決定
関山明 (阪大基礎工)
領域5,領域3,領域8

2015年第70回年次大会

磁気スキルミオン
十倉好紀 (理研CEMS)
領域8,領域3,領域5,素粒子論領域,理論核物理領域

2014年秋季大会

ダイヤモンド鎖化合物アズライトの実験の進展
菊池彦光 (福井大工)
領域3,領域8,領域11
ダイヤモンド鎖化合物アズライトの理論の進展
岡本清美 (芝浦工大工)
領域3,領域8,領域11

2014年第69回年次大会

スピン系の量子相転移とHiggsモード
松本正茂 (静岡大理)
領域3,領域8,領域11

2013年秋季大会

金属絶縁体転移あれこれ-電子は如何にして局在するか-
上田豊 (元 東大物性研)
領域8,領域3
スピンナノチューブの物理
坂井徹 (原子力機構Spring-8)
領域3,領域8,領域11

2012年秋季大会

スピン起源の強誘電性
有馬孝尚 (東大新領域)
領域8,領域6, 領域10,領域3
スピン液体の理論
小形正男 (東大理)
領域7,領域3