日本物理学会賞若手奨励賞規定領域3細則


1.審査委員会
 審査委員会は,審査開始時の領域代表,副代表および,領域代表が委嘱する委員(4名)
合計6名で構成し,領域代表が委員長となる.任期は2年とし,任期後2年間は再任できな
いものとする.次期の審査委員は,現審査委員会において決定する.この際,全委員で領
域3の主要キーワードを包含するように配慮する.委員の氏名は学会に報告するが,公表
はしない.委員は候補者の推薦はできない.

2.公募方法
 毎年度1回,締め切りの1ヶ月以上前に学会誌および学会ホームページに公募文を掲載す
る. 表彰が行われる年次大会の前の大会において公募を周知する.

3.応募資格
 日本物理学会会員であること.受賞年度の応募締切時点において39歳以下であること.
但し、出産,育児により研究を中断するなどの事情がある場合は年齢制限を緩和することができる
また,全領域を通して過去に若手奨励賞を受賞した者は選考の対象にしない.

4.応募方法
 応募は自薦および推薦による.

*提出書類
1). 発表論文リスト
2). 審査の対象となる論文(3編以内.ただし,JPSJかPTPが含まれていることが望ましい.また,学位論文は除く)
3). 該当する学会発表の概要(数の制限なし)
4). 推薦書(または自薦書)
以上の応募書類をPDF化して領域代表に電子メールで締切日の24時(JST)までに提出すること.
該当する学会の発表は、候補者本人が登壇者または筆頭者でなければならない.
5.推薦書の様式: 推薦書には下記の項目を含むこと
1). 文書作成年月日
2). 候補者氏名,会員番号、生年月日,所属(勤務先,身分および所在地),連絡先(電話,FAX,電子メール)
3). 簡潔な研究略歴
 (推薦の場合は下記の項目も追加)
 推薦者氏名,所属(勤務先,身分および所在地),連絡先(電話,FAX,電子メール),候補者との関係.
4). 研究題目
5). 審査希望領域名 「領域3」
6). 推薦(または自薦)理由(和文(2000字以内)または英文)

6.審査の手続き
 応募資格を満足していることを確認し審査委員会において内容の審査を行う.審査は業績
を客観的に評価し,また,分野間のバランスや若手育成の趣旨を考慮して行う。最終候補者の選定は合議制を
原則とするが,投票によって決定することも可とする.審査委員は,候補者選定作業におい
て査読者を委嘱し,参考意見を聴取することができる.
 上限数(3名)以内の候補者を選定し,審査過程の報告を付して理事会に報告する.

7.その他
 本規定細則は,審査委員会の議を経て変更することができる.ただし,変更内容について
理事会の承認を求めるとともに,インフォーマルミーティングで報告することとする.

制定 2007年 3月 19日
一部改訂 2009年 9月 27日
一部改訂 2010年 3月 22日
一部改訂 2010年 11月 29日
一部改訂 2013年 6月 14日