学生奨励賞規定 領域3細則

1.審査委員会
 審査委員会は,審査開始時の領域代表,副代表および,領域代表が委嘱する委員(4名)合計6名で構成し,領域代表が委員長となる.任期は2年とし,任期後2年間は再任できないものとする.次期の審査委員は,現審査委員会において決定する.この際,全委員で領域3の主要キーワードを包含するように配慮する.委員の氏名は学会に報告するが,公表はしない.委員は候補者の推薦はできない.

2.公募方法
 毎年度1回,締め切りの1ヶ月以上前に領域3ホームページに公募文を掲載する. 表彰が行われる年次大会の前の大会において公募を周知する.

3.応募資格
1)在学中に物理学会(秋季大会もしくは年次大会)で発表した内容に関して、筆頭著者の論文が出版されていること
2)上記の研究内容に関して、物理学会領域3で2回以上の口頭発表を行っていること
3)応募時点で大学院在学中もしくは卒業後1年以内であること

4.応募方法
 応募は自薦または他薦による.

5.提出書類
1)申請書(文書作成年月日、候補者氏名、会員番号、生年月日、所属・身分・所在地、連絡先(電話番号、FAX、電子メール)、研究略歴、研究題目、その他必要事項)
2)発表論文写し
3)学会発表の予稿写し(プログラム番号が入っているもの)
4)推薦書(他薦または自薦)(和文または英文、A4で2ページ以内)

6.審査の手続き
 応募資格を満足していることを確認し審査委員会において内容の審査を行う.審査は業績を客観的に評価し,学生奨励の趣旨を考慮して行う。最終候補者の選定は合議制を原則とするが,投票によって決定することも可とする.審査委員は,候補者選定作業において査読者を委嘱し,参考意見を聴取することができる. 数名の候補者を選定し,年度内に表彰して領域3のHPに受賞者を掲載.

7.その他
 本規定細則は,審査委員会の議を経て変更することができる.ただし,変更内容について,インフォーマルミーティングで報告することとする.

制定 2015年 3月 23日