インフォーマル・ミーティング


過去の議事録

2017年3月年次大会(大阪大学)
2016年9月秋季大会(金沢大学)
2016年3月年次大会(東北学院大学)
2015年9月秋季大会(関西大学)
2015年3月年次大会(早稲田大学)
2014年9月秋季大会(中部大学)
2014年3月年次大会(東海大学)
2013年9月秋季大会(徳島大学)
2013年年会(広島大学)
2012年秋季大会(横浜国立大学)
2012年年会(関西学院大学)
2011年9月秋季大会(富山大学)
2011年3月(メール審議)
2010年年会(大阪府立大学)
2010年年会(岡山大学)
2009年秋期大会(熊本大学)
2009年年会(立教大学)
2008年秋季大会(岩手大学)
2008年年会(近畿大学)
2007年年会(北海道大学)
2007年春季大会(鹿児島大学)

2006年以前の議事録


2017年3月年次大会(大阪大学豊中キャンパス)
インフォーマル・ミーティング議事録


日時:平成29年3月18日(土)17:30〜18:30(議事進行:奥西、議事録:高津)
場所:大阪大学 豊中キャンパス C31会場

参加者(敬称略)
坂井徹(兵県大理、領域代表)
中村裕之(京大工、領域副代表)
次期領域副代表 壬生攻(名工大)
次次期副代表 細越裕子(大阪府大理)

木村尚次郎(東北大金研、磁気共鳴(ESR、スピン系))	Web担当
奥西巧一(新潟大理、磁性(スピン系))		議事録 プログラム補助

高津浩(京大工 磁性(化合物磁性))			議事録 プログラム補助
三浦大介(東北大工 磁性(スピントロニクス))	メーリングリスト
加藤治一(高知大学 磁気共鳴(NMR))		プログラム編成


次期運営委員
赤木暢(阪大先端強磁場 磁気共鳴(ESR, スピン系))	Web担当
水口将輝(東北大金研 磁性(スピントロニクス))	プログラム編成
古谷峻介(理研 磁性(スピン系))			議事録、プログラム補助

次次期運営委員
小田洋平(福島高専 磁性(スピントロニクス))
池田修悟(兵庫県立大院 磁気共鳴(メスバウアー効果など))

議題	
--------------------------------------------------
0.議事に先立ち、参加者自己紹介
--------------------------------------------------

--------------------------------------------------
1.次期運営委員の役割分担および承認
--------------------------------------------------
次期運営委員の役割分担が以下のように提案され承認された。(敬称略)
赤木暢(阪大先端強磁場 磁気共鳴(ESR, スピン系))	Web担当
水口将輝(東北大金研 磁性(スピントロニクス))	プログラム編成
古谷峻介(理研 磁性(スピン系))			議事録、プログラム補助

--------------------------------------------------
2.次々期運営委員の選任および承認
--------------------------------------------------
次々期運営委員の候補者が以下の様に提案され承認された。(敬称略)4月5日(水)までに学会へ知らせる。
三浦 → 小田洋平(福島高専 磁性(スピントロニクス))
高津 → 吉田紘行(北海道大学 磁性(化合物磁性)) 
加藤 → 池田修悟(兵庫県立大院 磁気共鳴(メスバウアー効果など))

次次期副代表 細越裕子(大阪府大理)の承認がされた。

--------------------------------------------------
3.領域委員会報告
--------------------------------------------------
 坂井代表より以下の報告がなされた。
a) 今回は全般的にシンポジウム提案数低調。招待講演2件、企画講演11件、シンポジウム10件全採択。
b) 若手奨励賞 物理学会全体で50人を上限とする。その結果、領域3は3名が割り振られる。

--------------------------------------------------
4.若手奨励賞
--------------------------------------------------
 特になし。領域3からの枠は3名のまま。

--------------------------------------------------
5.学生奨励賞
--------------------------------------------------
今回受賞者3名の内2名が受賞式に不参加であった。これは、受賞式当日に受賞者に発表の機会が無いことや
プログラムの編成などの問題が原因かもしれない、と議論された。

--------------------------------------------------
6.その他
--------------------------------------------------
・学生優秀発表賞への対応(要項など)
 現在の学生奨励賞を今後は学生優秀発表賞に変更する。学生賞は、領域3では昨年から始めたが
 物理学会からの要請で学生優秀発表賞に統一するように要請があった。物理学会で「発表」があっ
 たものに対して出す賞であることが原則である。ただし、同じ人が何度受賞することも可能であ
 る(若手奨励賞は一度だけ)。人数は領域3の運営員会で決めることが可能であり、素案としては
 各分野(スピン系、スピントロニクス、化合物磁性)から最低1人を選出して上限6人にする。応
 募については、「概要集の提出の後、物理学会の前に応募する」、というように議論された。

 講演を取り消した時に誰も聞いていなかったというようなことは問題であるので委員の誰かが必
 ず聞くようにする必要がある。

 研究の内容に対する賞である事。論文を条件にしてはいけなくてあくまでも発表に対する賞であ
 る事に徹する。

 来年の募集までには学生優秀発表賞規定を公表して、その中で応募を行う。
 
 評価者を座長にしてはどうか?

 審査員が頼んだ人が評価することも可能にするなどの案。

・他の学会(APSなど)と日程が重なった場合の講演移動希望への対応方針
 以下の掲載文をホームページに掲載する。またメーリングリストに対して文面を送る。
 
 個人的な理由でダメな日程を指定される人がいるかもしれないので、明文化して良いのかも気に
 なる。これまで通りにその場の対応で行うのもひとつの案ではある。
 
 大型の学会と重なる時はその場の対応で適宜対応していくのは大変であるので、一応、規定は知ら 
 せておく方が良いかもしれない。
 
 希望の確約はできない旨を盛り込む必要がある。

 プログラム編成の人が講演希望日をチェックするのが大変になる可能性がある。どのように対応
 したら良いのかが懸案事項である。日本化学会の場合は応募時に希望日をチェックするシステムが
 採用されているようになっている。

 参加できない日を書かせるようにした方が良いかもしれない。プログラム編成上はきつめの条件
 を指定してもらった方がプログラムを組みやすいので、参加できない日を指定してもらった方が
 良いかもしれない。

 今回は、以下の文面を領域のホームページに載せることとメーリングリストに載せる方向性で試
 しに行ってみることにする。

【講演希望についてのお知らせの文面(領域3Webページに記載予定)】
 最近、他の大型の学会と物理学会との日程の一部重複が発生した際に、プログラム確定後の講演移
 動の希望が多く出され、編成上、平等な扱いができない場面が発生しております。そこで、領域
 3運営委員では、他学会参加による事後の講演移動の混乱を避けるために、以下のような方針を設
 けることにしました。
 他の学会参加のための、講演者の自己都合による講演移動は原則認めないこととします(もし、参
 加できない場合は講演取消していただくことになります)。ただし、他の学会のために物理学会
 の参加日程が限定されることがあらかじめ分かっている場合は、講演申し込み時に参加できない
 日を理由とともに備考欄に記入していただければ、プログラム編成時に講演日の設定に配慮するこ
 ととします。なお、編成上、ご希望に添えない場合も予想されますので、上記の配慮は講演者の希
 望を確約するものではないことをご承知おきください。
 その他のやむを得ない事情による講演移動については、領域運営委員までご相談ください。

次回のインフォーマルミーティング
 9月23日(土)(例年、大会3日目に行うようになっているので今回もそのような予定とする)



              

2016年秋期会(金沢大学角間キャンパス)
インフォーマル・ミーティング議事録


日時:平成28年9月15日(金)17:30〜18:30(議事進行:木村(健)、議事録:奥西)

場所:金沢大学 角間キャンパス AP会場

参加者(敬称略)
坂井徹(兵県大理、領域代表)
中村裕之(京大工、領域副代表)

木村健太(阪大基礎工、磁性(化合物磁性))     	議事進行
安立裕人(岡山大理、磁性(スピントロニクス)) 	        メーリングリスト
小山岳秀(兵県大理、磁気共鳴(NMR))  		プログラム編成

白石誠司(京大工、磁性(スピントロニクス))		プログラム編成
木村尚次郎(東北大金研、磁気共鳴(ESR、スピン系))	Web担当
奥西巧一(新潟大理、磁性(スピン系))			議事録 プログラム補助

次期運営委員
高津浩(京大工 磁性(化合物磁性))			議事録 プログラム補助
三浦大介(東北大工 磁性(スピントロニクス)) 	        メーリングリスト
加藤治一(高知大学 磁気共鳴(NMR)) 			プログラム編成

次次期運営委員
古谷峻介(理研 磁性(スピン系))

議題:
--------------------------------------------------
0.議事に先立ち、参加者自己紹介
--------------------------------------------------


--------------------------------------------------
1.次期運営委員の役割分担および承認
--------------------------------------------------

次期運営委員の役割分担が以下のように提案され承認された。(敬称略)

高津浩(京大工 磁性(化合物磁性))          議事録 プログラム補助
三浦大介(東北大工 磁性(スピントロニクス)) メーリングリスト
加藤治一(高知大学 磁気共鳴(NMR))          プログラム編成

--------------------------------------------------
2.次々期運営委員の選任および承認
--------------------------------------------------

次々期運営委員の候補者が以下の様に提案され承認された。(敬称略)
10月5日(水)までに学会へ知らせる。

木村(尚) → 赤木暢(阪大先端強磁場 磁気共鳴(ESR, スピン系) )
白石    → 水口将輝(東北大金研 磁性(スピントロニクス)) 
奥西    → 古谷峻介(理研 磁性(スピン系))

--------------------------------------------------
3.領域委員会報告
--------------------------------------------------

坂井代表より以下の報告がなされた。

a)	今回は全般的にシンポジウム提案数低調。企画講演5件、シンポジウム14件全採択。
        領域3でもエンカレッジして欲しい。
b)	若手奨励賞 意見交換のちシステムは現状維持。
c)	プログラム編集会議 出席人数は領域ごとで決めているが、最低1名は必要。
        領域3は2名出席で問題なし。
d)	学会管理の新メーリングリスト立ち上がった。領域3も移行済み。
e)	領域ごとに独自に学会で主催、共済、協賛、後援等を取ることは難しいとの連絡があった。
        領域のメンバーの定義がはっきりしないため。
f)	論文賞の規定。対象論文が遡って5年から10年に変更済み。
g)	次回からの学会はマイページで申し込み。学生は新規入会済みでないと申し込めない。
        周知のお願い。
h)	代議員の選出依頼があった。領域3からの枠は3名。

--------------------------------------------------
4.若手奨励賞
--------------------------------------------------

現在審査中のため詳細は公表できないが、十分な応募数はあった。学会での決定後公開予定。
領域3の枠は3人

--------------------------------------------------
5.学生奨励賞
--------------------------------------------------

現在審査中のため詳細は公表できないが、十分な応募数はあった。審査終了後公表。
若手奨励賞と同時に学生奨励賞も表彰し賞状授与する。次の学会の2日目午後が候補

--------------------------------------------------
6.その他
--------------------------------------------------

・スムーズにシンポジウム提案が出てくるような方法について話し合い(坂井代表)
 申し込み数が減っているが、現状では分野ローテーション等は難しいだろう。声をかけると引
 き受けてくれる人もいるので、様子を見て考える。招待講演は通りやすいのでエンカレッジを
 して欲しい。

・物理学会代議員の推薦(坂井代表)
 物理学会の会議での承認などが仕事。任期1年。領域からの推薦枠3。過去の歴代領域代表を
 3名推薦してはどうか。

・座長依頼の方法について(小山委員) 
 領域3では座長候補を事前内諾を得た後に学会に届けているが、時間的にも手続き的にも難しい。
 事前内諾は必要としないことにする。
   
・理研の旧領域3メールサーバー(安立委員)
 担当者に連絡して閉じる。

・次回のインフォーマルミーティング
 3月17日 (スケジュールの都合により、学会初日に設定)


              

2016年年次大会(東北学院大学泉キャンパス)
インフォーマル・ミーティング議事録


日時:2016年3月21日 17:30~18:30 (議事進行:浅野、議事録:木村(健))

場所:東北学院大学 泉キャンパス BC会場

参加者 (敬称略):
佐久間昭正(東北大工、領域代表)
坂井徹(兵県大理、領域副代表)
中村裕之(京大工、次期領域副代表)

壬生攻(名工大工、磁性(スピントロニクス))	      プログラム編成
浅野貴行(福井大工、磁気共鳴(ESR、スピン系))      議事進行
大西弘明(原子力機構、磁性(スピン系))          Web担当

木村健太(阪大基礎工、磁性(化合物磁性))         議事録
安立裕人(原子力機構、磁性(スピントロニクス))      メーリングリスト
小山岳秀(兵県大理、磁気共鳴(NMR))             プログラム編成

(以下は次期運営委員)
白石誠司(京大工、磁性(スピントロニクス))		プログラム編成
木村尚次郎(東北大金研、磁気共鳴(ESR、スピン系))	Web担当
奥西巧一(新潟大理、磁性(スピン系))		        議事録

議題:
--------------------------------------------------
0.議事に先立ち、参加者自己紹介
--------------------------------------------------


--------------------------------------------------
1.次期運営委員の役割分担および承認
--------------------------------------------------

次期運営委員の役割分担が以下のように提案され承認された。(敬称略)

・白石誠司(京大工、磁性(スピントロニクス))	    プログラム編成
・木村尚次郎(東北大金研、磁気共鳴(ESR、スピン系))Web担当
・奥西巧一(新潟大理、磁性(スピン系))           議事録


--------------------------------------------------
2.次々期運営委員の選任および承認
--------------------------------------------------

次々期運営委員の候補者が以下の様に提案され承認された。(敬称略)
4月4日(月)までに学会へ書類を提出もしくはe-mailで知らせる。

・木村(健)委員 → 高津浩 氏 (京大工 磁性(化合物磁性))
・安立委員 → 三浦大介 氏 (東北大工 磁性(スピントロニクス))
・小山委員 → 加藤治一 氏 (高知大学 磁気共鳴(NMR))


--------------------------------------------------
3.領域委員会報告(佐久間代表)
--------------------------------------------------

佐久間代表より以下の報告がなされた。
a) 男女共同参画の意思に基づき、女性委員の増加を考慮する。
   (現在、物理学会の女性は全体の 5%)
b) 若手奨励賞の基金について: 2002 年に篤志家の方から寄付があり、毎年賞状作成費に
   使用されているが、2040 年までに使い切る。
c) 2016 年からの会費値上げについて:
    正会員: 11,000 → 12,000円
    学生会員・正会員(大学院生)・シニア会員: 7,000 → 8,000円
d) 「合同シンポジウムの日程調整の連絡が難しい」という問題に対する改善案を領域3から
   提案し、以下のような決定がなされた。
   ・各領域で領域運営委員連絡責任者を決め、責任者を窓口に日程調整等を行う。
   ・プロ編時に「日程調整」の時間を設定し、各領域のプロ編に入る前に領域間の調整を行う。
e) 領域7から、「領域で管理している領域メーリングリストの管理運営費を学会で負担して
   もらえないか」との提案があった。
f) 学生賞の賞状等の諸費用について、理事会で検討する。
g) 合同セッションを希望しない講演申込者の扱いについて
    現状は、合同セッションは「希望する」のみ選択可能となっており、積極的に「希望しない」
    方の意見は反映されない。次回より「希望する / どちらでもよい / 希望しない」の選択が
    出来るように検討する。
h) 若手奨励賞にかかる審査員の交通費、若手奨励賞受賞者本人の海外在住の場合の交通費につい
   ては、理事会にて検討をお願いする事になった。(現状では旅費はでない。参加費は出る)
i) 今回の学会において、物理学会設立70周年記念行事の展示を行った。領域の歴史を示すハイラ
   イトとして、領域3からは12件(うち2件は予備)を提案し、そのすべてが採用された。


--------------------------------------------------
4.若手奨励賞(佐久間代表)
--------------------------------------------------

応募3件に対して3名受賞した。今回の学会において3名の記念講演を行ったが、以下のような
検討事項が提案された。
・他領域では受賞の際に写真を撮りHPにアップしている。領域3でも来年以降に実施してはどうか。
・各講演間の5分休憩が長かった。次回のプログラム編成時にスケジュール要検討。


--------------------------------------------------
5.学生奨励賞(佐久間代表)
--------------------------------------------------

応募6件に対して6名受賞した。領域3の学生奨励賞の細則「6.審査の手続き」の文面を以下の
ように訂正することが決定した。
「審査過程の報告を付して理事会に報告」 → 「年度内に表彰し、領域3のHPに受賞者を掲載」

また、賞状の授与に対して以下の検討事項が挙げられた。
今回は賞状を佐久間代表が自ら購入されて郵送したが、郵送はあまりにも味気ない。若手奨励賞
と同時に学生奨励賞も表彰し、その際に賞状授与すべきではないか。


--------------------------------------------------
6.その他
--------------------------------------------------

a) 壬生委員からプログラム編成の仕事について以下の提言があり、承認された。
・4人チームを組んでメールベースでのプログラム編成に対応する。(6人チームは逆に遅くなる。)
   メイン:新旧プログラム担当委員(2人)
   サブ:別分野の委員から新旧1人ずつ。インフォーマルミーティングで決定する。
・東京での編成会議には基本的にメイン2人が参加。メインが参加できないときは、同時期に
  加入したサブが代わりに参加。
・最終的に完成したプログラム案は6人全員で確認。
  なお、次回プログラム編成のサブは、旧:木村(健)委員,新:奥西委員に決定した。
b) 先の領域委員会で決定された「領域間の調整の窓口」について、領域3では旧プログラム
   担当委員を窓口役とすることが承認された。(次回の窓口は小山委員。)
c)  学会事務局からの周知事項(佐久間代表)
・概要集提出率は、領域3はトップ。
・会員マイページについて
  -4/11から、会費マイページの使用が可能に。
  -第72回年次大会(2017年)からは、マイページ経由での登壇申込となる。
  -会誌4月号に案内掲載。
d)  学会事務局からのIMでの審議依頼内容とそれに対する回答
1.プログラム編集会議の開催方式について
   回答:現行のメール調整をベースにした編集会議の開催方式は,メールが活用されていなかった
   頃と比べて委員の労働時間効率はむしろ悪化しているが,時代の流れと経費削減に鑑みて,それ
   に迅速に対応できるように領域内での体制を新たに組むことにした。
2.領域メーリングリストについて 
   回答:領域3からは希望することとする。

最後に、今回で終了となる運営委員の方々からお言葉を頂いた。


              

2015年秋季大会(関西大学千里山キャンパス)
インフォーマル・ミーティング議事録


日時:2015年9月18日 17:30~18:30 (議事進行:河野、議事録:浅野)

場所:関西大学 千里山キャンパス CM 会場

参加者 (敬称略):
佐久間昭正(東北大工、領域代表)
坂井徹(兵県大理、領域副代表)
中村裕之(京大工、次期領域副代表)

左右田稔(東大物性研、磁性(化合物磁性))
井原慶彦(北大理、磁気共鳴(NMR))
河野浩(名大理、磁性(スピントロニクス))

壬生攻(名工大工、磁性(スピントロニクス))	欠席
浅野貴行(福井大工、磁気共鳴(ESR、スピン系))
大西弘明(原子力機構、磁性(スピン系))

木村健太(阪大基礎工、磁性(化合物磁性))
安立裕人(原子力機構、磁性(スピントロニクス))
小山岳秀(兵県大理、磁気共鳴(NMR))

奥西巧一(新潟大理)


議題:
--------------------------------------------------
0.議事に先立ち、参加者自己紹介
--------------------------------------------------


--------------------------------------------------
1.次期運営委員の役割分担および承認
--------------------------------------------------

次期運営委員の役割分担が以下のように提案され承認された。

木村委員:議事録・議事進行
安立委員:メーリングリスト担当
小山委員:プログラム編成


--------------------------------------------------
2.次々期運営委員の選任および承認
--------------------------------------------------

次々期運営委員の候補者が以下の様に提案され承認された。10月5日(月)までに学会へ書類を提出する。

壬生委員 → 白石誠司(京大工、磁性(スピントロニクス))
浅野委員 → 木村尚次郎(東北大金研、磁気共鳴(ESR、スピン系))
大西委員 → 奥西巧一(新潟大理、磁性(スピン系))


--------------------------------------------------
3.領域委員会報告(佐久間代表)
--------------------------------------------------

(1) 2015年秋季大会
領域3に関係する招待講演(1件)とシンポジウム(4件)が物性領域プログラム小委員会で採択された。

(2) 概要集について
【変更案1】
  概要集原稿のダウンロードは、WebとDVDともに1講演1pdfファイルとなっているが、
  これを複数の講演を1つのpdfファイルに収めてダウンロード出来るように変更する。
【変更案2】
  概要集のDVDを、事前申込者に大会終了後ではなく、大会前(1〜2週間前)に到着するように変更する。
 議論の結果、【変更案1】については、この秋季大会から対応する事とし、
 【変更案2】については、今回見送る事とした。
・学会講演の位置付けが、領域によって違うため、概要原稿についてもとらえ方が違うため、
 色々な意見が出された。今すぐにではないが、全参加者に概要集を配布し、
 参加費を値上げする方向で検討を続ける事でよいのではないかとされた。

(3) 若手奨励賞関係-実施要項の変更について-
事前にとった各領域から意見が出されたが、今回「ダブル受賞を認める」事となり、
選考プロセスは変更せず、以下のように若手奨励賞実施要項を変更する事とした。
---若手奨励賞実施要項(9)受賞回数---
現行より「他薦により複数領域で候補者となった場合は候補者が一つの領域を選択するものとするが、
本規定等により」を削除する。


--------------------------------------------------
4.若手奨励賞(佐久間代表)
--------------------------------------------------

領域3から3名の候補者を推薦した。日本物理学会誌(2015年11月)に掲載され、
次回の学会(第71回年次大会:東北学院大学)にて表彰式と受賞講演を実施する。
尚、受賞者は、学会参加費が無料となる。


--------------------------------------------------
5.学生奨励賞(佐久間代表)
--------------------------------------------------

学生奨励賞候補者6名が決定した。
学生奨励賞は、若手奨励賞と異なり表彰式や受賞講演を実施しないことを公募の段階で
記載するか否か議論され、今後の公募状況等を見て対応を検討することとなった。


--------------------------------------------------
6.その他
--------------------------------------------------

(1) 佐久間代表より学生奨励賞領域3細則6.審査手続きの「審査過程の報告を付して理事会に報告する」の
記述削除の提案がなされ承認された。

(2) 佐久間代表より物理学会から候補者を推薦する「本田記念賞」、「サー・マーティン・ウッド賞」、
「東レ科学技術賞」に積極的な応募の呼びかけがなされた。

(3) 佐久間代表より次々期領域代表者として壬生攻氏(名工大)の推薦があり承認された。

(4) 左右田委員からプログラム編成に関して貴重な提案がなされた。
(a) シンポジウム日程、特に合同シンポジウムの領域間での日程調整が大変である。
解決策として以下の提案があった。
・各領域から提案されたシンポジウムを採択する物性領域プログラム小委員会等の段階で予め日程を決める。
・合同シンポジウムの日程を先に決めてから領域単独のシンポジウムの日程を決める。
以上の提案を領域代表会議において佐久間代表から報告する。
(b) フラストレーションに関する講演数が多くプログラム編成に時間を要する。
解決策として第一キーワード追加の提案があった。次回のキーワード変更の際に検討する。

(5) 安立委員から領域3メーリングリスト(ML)の登録ついて、GoogleからML登録依頼をした場合、
登録が無効になっている事例が報告された。ML担当委員から文字化けして内容が確認できないメールは
対処していないので、Googleの使用は避けて頂くよう注意があった。

(6) 河野委員から委員MLに送信されたメール内容(昨年10月から本年9月まで)から重要なものが再提示され確認された。

(7) 今回で終了となる委員の方々から引き継ぎ事項など(左右田、河野、井原各氏)

              

2015年年次大会(早稲田大学早稲田キャンパス)
インフォーマル・ミーティング議事録


日時:2015年3月23日 17:30~18:30 (議事進行:戸川、議事録:河野)

場所:早稲田大学 AD 会場

参加者 (敬称略):
吉村一良 (京大理、領域代表)
佐久間昭正(東北大工、領域副代表)
坂井徹(原子力機構、次期領域副代表)
中村裕之(京大工、次々期領域副代表)

戸川欣彦(大阪府大、磁性(スピントロニクス))
菊池彦光(福井大工、磁気共鳴(ESR、スピン系))
中野博生(兵県大理、磁性(スピン系))

左右田稔(東大物性研、磁性(化合物磁性))
井原慶彦(北大理、磁気共鳴(NMR))
河野浩(名大理、磁性(スピントロニクス))

壬生攻(名工大工、磁性(スピントロニクス))
浅野貴行(福井大工、磁性(ESR、スピン系))
大西弘明(原子力機構、磁性(スピン系))


議題:
--------------------------------------------------
1. 次期運営委員の役割分担および承認
--------------------------------------------------

次期運営委員の役割分担が以下のように提案され承認された。

壬生委員:プログラム編成
浅野委員:議事録
大西委員:web担当


--------------------------------------------------
2. 次々期運営委員の選任および承認
--------------------------------------------------

次々期運営委員の候補者が以下の様に提案され承認された。4月6日までに学会へ書類を提出する。

左右田委員 → 木村健太氏(阪大基礎工)化合物磁性
河野委員 → 安立裕人氏(原子力機構)スピントロニクス
井原委員 → 小山岳秀氏(兵庫県立大学)NMR, f-電子系


--------------------------------------------------
3. 領域委員会報告
--------------------------------------------------

吉村代表より、以下の報告がなされた。
a) 今回の学会からの変更点
・予稿集が電子化された。これに伴う収入減を補うため、参加費が一律1,000円値上げされた。
・年次大会の正式名称を、「第70回年次大会」→「第70回年次大会(2015年)」のように
 開催年を入れたものにする。

b) プログラム関係
・企画申請(シンポジウム、企画講演、特別講演、チュートリアル講演など)の際に、
 申請者は(5分程度の)趣旨説明を必ず行うよう確認された。
・企画の申請者と講演者が同じ研究室であるのはよくない。
 その場合は、申請者あるいは講演者を変更(交替)することにより対応する。
 ただ、研究内容の特殊性のためやむを得ない場合もあるのでは?との意見もあった。
 領域代表が、会議までに申請内容を閲覧して予め調整することが提案された。
・シンポジウムは時間の上限(3時間30分)を守ることが確認された。
・シンポジウムの午後の開始時間は一律に13:30とする。
・合同セッション(マルチフェロイック、表面磁性)について、
 相手方の領域とうまく打ち合わせて進めることが確認された(→ プログラム担当委員)。

c) 登壇者に関して
・登壇者変更のルールについて:
 会期中に登壇者を変更する場合は、領域代表、運営委員、座長のいずれかの許可をとる。
 届け出を受けた人(領域代表、運営委員、座長)は、あとで必ず本部に届け出る。
 (今までは、登壇者が届け出ることになっていた。)
・領域10、領域11において 非会員(関連学会に入っているが、物理学会には入っていない人)の
 登壇について問題になり議論された(今後さらに総合的に要審議)。

d) 若手奨励賞
・若手奨励賞への応募は年1回1領域に限る(別領域との重複申請はできない)よう、
 第10回から募集要項を改訂する。
・今回から、若手奨励賞が AAPPS Bulletin 本誌と
 Web(http://aappsbulletin.org/内 Society news 掲載)にも掲載される。

e) その他
・拡大物性委員会において、理事会の考えていること(領域問題、国際化の問題)についての講演が、
 石田憲二氏によりなされた。
・国際化に向けて、スライドを英語で書くことを推奨してもよいのではないかと議論された。
・今後は、毎年9月に領域名称を決めることになる(領域3では、領域名を「磁性」とすることが、
 これまでのインフォーマルミーティングで議論され決定している)。


--------------------------------------------------
4. 若手奨励賞
--------------------------------------------------

今回は領域3から3名の候補者を推薦し、理事会で受賞が決定された。


--------------------------------------------------
5. 学生奨励賞
--------------------------------------------------

野尻前代表の募集要項案をもとに、前回のインフォーマルミーティングで議論したが、
今回は基本的にそれを承認した。以下の募集要項を公開・周知する。

<応募資格>
以下の資格を満たすもの
1)在学中に物理学会で発表した内容に関して筆頭著者の論文が出版されていること
2)上記の研究内容に関して物理学会領域3で2回以上の口頭発表を行っていること
3)応募時点で大学院在学中もしくは卒業後1年以内であること
<必要書類>
1)応募調書
2)発表論文写し
3)学会発表の予稿写し(プログラム番号が入っているもの)
4)推薦書
<表彰>
書面で賞状を発送するともに領域ホームページに掲載する。詳細は,次期領域代表に委ねる。

(募集要項ここまで)

さらに、以下の事柄が確認あるいは了承された。
・賞状は領域3で独自のものを作成する。
・選考委員は若手奨励賞の選考委員が兼務する(二度手間を省くため)。
 選考委員各自が予め書類審査を行い、秋の物理学会の際に集まって審議する。
・2015年度から募集する。
 領域3のホームページおよびメーリングリストで周知する。
 物理学会誌には載せない。


--------------------------------------------------
6. その他
--------------------------------------------------

・戸川委員より、この半年間にやり取りされたメールの中から、
 重要なものが再提示され確認がなされた。
・新任の方々の自己紹介(壬生、浅野、大西、中村の各氏)
・今回で終了となる方々から引き継ぎ事項など(菊池、中野、戸川、吉村の各氏)

              

2014年秋季大会(中部大学常春日井キャンパス)
インフォーマル・ミーティング議事録

日時:2014年9月9日 17:45~19:00 (議事進行:家田、議事録:戸川)
      
場所:中部大学 BF 会場
参加者 (敬称略): 吉村一良 (京大理、領域代表) 佐久間昭正(東北大工、領域副代表) 坂井徹(原子力機構、次期領域副代表) 辻本吉廣(物質・材料研究機構、磁性(化合物磁性)) 北川健太郎(高知大理、磁気共鳴(NMR)) 家田淳一(原研、磁性(スピントロニクス)) 戸川欣彦(大阪府大、磁性(スピントロニクス)) 菊池彦光(福井大工、磁気共鳴(ESR、スピン系)) 中野博生(兵県大理、磁性(スピン系)) 左右田稔(東大物性研、磁性(化合物磁性)) 井原慶彦(北大学理、磁気共鳴(NMR)) 河野浩(名大理、磁性(スピントロニクス)) 大西弘明(原子力機構) 松本正茂(静岡大理)
議題: _________________________________________________
1. 次期運営委員の役割分担および承認 _________________________________________________ 各委員の自己紹介の後、次期運営委員の役割分担が以下のように提案され承認された。 河野委員  -> 議事録 左右田委員 -> プログラム編成 井原委員  -> メーリングリスト _________________________________________________
2. 次々期運営委員の選任および承認 _________________________________________________ 次々期運営委員候補として候補者が以下の様に提案され承認された。 10月5日までに学会へ書類で提出する。 戸川委員 -> 壬生 攻 氏(名工大工) 菊池委員 -> 浅野 貴行 氏(福井大工) 中野委員 -> 大西 弘明 氏(原子力機構) _________________________________________________
3.領域委員会報告 _________________________________________________ 吉村代表より報告が行われた。領域3関係では、企画講演2件、シンポジウム1件が承認された。 多くの議題があり11時から18時まで議論が続いた。内容に関しては、項目4〜6も参照。 1)シンポジウムに関する注意事項 休憩15分を含めてトータル3時間30分を厳守 2)学生奨励賞 領域会議にて、領域3で学生奨励賞を設ける旨を伝え、認められた。 賞は学会公認のものではなく、領域独自の取り組みの位置づけ。 すでに実施している領域(領域1、2)がある。受賞者は領域3HPで公表。 項目5も参照。 3)重複登壇について 分野による見解の違いはあるが、基本的には認めない。 やむを得ない場合(学生の就活など、性善説にのっとる) 事前に分かった場合 → 領域代表が判断。1件に限り認める。 当日申し出があった場合 → 座長が判断して1件のみ認める。 座長は領域代表に事後連絡する。 (記録に残しチェックする) 4)講演取消について 事前に分かってプログラムに載っている(印刷されている)取消の講演 → その時間を空白にして待たずに以下繰り上げてセッションを行う。 (その旨、プログラムに書く) プログラムに間に合わなかった取り消し講演 → 従来通りその時間(15分)を繰り上げずに待って次の講演に移る。   5)予稿集の電子化に関して 相当長時間議論されたが、決まらず。今後も議論を重ねる。 ・分野(特に、素核と物性)によって大きく意見が異なる。 ・電子化した際に価格をどこに転化するか?会費or学会参加費  ・予稿集が不要な人には不当な値上げに見える  ・紙媒体 は維持? ・電子化の形式(希望制?)  ・意見の相違はあるが、電子化を進めることが基本路線 6)Keyword, 合同セッションの調整 各領域で調整を行う。 4.若手奨励賞 吉村代表より昨年度と本年度の状況について報告があった。 5.学生奨励賞  吉村代表より領域3で独自に学生奨励賞を設ける経緯の説明があった後、 野尻前代表が作成した応募要領(案)を元に議論を行った。 議論の要点 ・発表を審査 → 書面審査とする。 ・定員は? → 若干名。なるべく多くの学生を奨励したい。 なお、若手奨励賞は領域3で上限3名。 ・発表回数(2回以上)の意図 → 分科会で2回発表した場合も認める。 ・提出する論文数に上限を設けるか? →  提出論文数の制限を設け、2本以内 とする。 ・応募調書のフォーマット → 若手奨励賞に準ずる形にする。 ・Time schedule → 若手奨励賞と同じ。4月募集、7月末応募締切。 来年の4月より応募開始。第一回の表彰は再来年の春。 6.その他  1)合同セッション(領域3、8、9)について ・表面磁性(領域3−9) ・マルチフェロイック(領域3−8) 従来通りに行う(合同セッションの希望 or keywordでの選別) 2)プログラム編集manual(辻本氏作成)が配布された。 ・必要に応じて改良を加える ・プログラム編成作業は1週間程度で行う。協力する。 ・責任者の一元化、情報の集約。特に他領域との調整に重要となる。 ・選択されたkeyword を元にプログラムを構成する。 3)次々期領域副代表の推薦について 中村裕之氏(京大院工)が吉村代表より提案され承認された。

2014年年次大会(東海大学常湘南キャンパス)
インフォーマル・ミーティング議事録

日時:2014年3月29日 17:30~19:00 (議事進行:大久保、議事録:家田)
      
場所:東海大学 AS 会場
参加者 (敬称略): 野尻浩之 (東北大金研、領域代表) 吉村一良 (京大理、領域副代表) 佐久間昭正(東北大工、次期領域副代表) 新見康洋 (東大物性研、磁性(スピントロニクス)) 鈴木隆史 (兵庫県立大工学部、磁性(スピン系)) 大久保晋 (神戸大分子フォトセ、磁気共鳴(ESR、スピン系)) 辻本吉廣(物質・材料研究機構、磁性(化合物磁性)) 北川健太郎(高知大理、磁気共鳴(NMR)) 家田淳一(原研、磁性(スピントロニクス)) 戸川欣彦(大阪府立大、磁性(スピントロニクス)) 菊池彦光(福井大工、磁気共鳴(ESR、スピン系)) 中野博生(兵県大理、磁性(スピン系)) 坂井徹(原子力機構)
議題: _________________________________________________
1. 次期運営委員の役割分担および承認 _________________________________________________ 次期運営委員の役割分担が以下のように提案され承認された。 戸川委員->議事録 菊池委員->プログラム編成 中野委員->ウェブ  また、次期領域副代表の佐久間昭正氏(東北大工学部)が紹介された。 _________________________________________________
2. 次々期運営委員の選任および承認 _________________________________________________ 次々期運営委員候補として候補者が以下の様に提案され承認された。 辻本委員 -> 左右田 稔 氏(東大物性研) 北川委員 -> 井原 慶彦 氏(北大理) 家田委員 -> 河野 浩 氏(名大理) _________________________________________________
3.次々期副代表 _________________________________________________ 坂井徹氏(原子力機構)が野尻代表より提案され承認された。 _________________________________________________
4.領域委員会報告 _________________________________________________ 野尻代表より、以下の領域委員会報告があった。 1) 年会における登壇者交代を、二件まで認める。 2) 講演時の写真撮影を原則禁止。ただし、登壇者本人が了解すれば可。 3) 領域名称問題について:番号制は継続し、名称を併記する。 4) 国際化の検討を進める。 5) 物理と社会シンポジウムに関して、一件登壇を断った事例が発生した。 _________________________________________________
5.領域3からの提案 _________________________________________________ 領域番号制度について  合同セッションを増やすなど、プログラム編成で対応してはどうか。  領域委員でセッションキーワード決定しておく。  事前のプログラム編成が大変なので、機械的にできるように工夫する。  すでにある合同セッションは、領域間で取り決めがあるので確認する。  もうすこし合同セッションが可能なキーワードを増やすように提案する。 国際化について  発表の英語化の主な目的:外国人PDや近隣の国から登壇社・参加者を引き込みたい。  応物、東北大工学部の修論発表など一部で口頭発表の英語化が進んでいる。  応物学会の場合、質疑応答になると日本語に戻るなど過渡的な状況。  電子版英語プログラムの作成等、外国人参加者へのアクセシビリティを確保する。  英語発表は強制ではなく、「推奨」という文言を入れることを提案する。 プログラム(黄色い冊子)のPDF配布を提案  現在、概要集を購入した場合は、PDFダウンロードができる。  概要集を購入しない場合でもプログラム掲載の情報のダウンロードができるとよい。 _________________________________________________
6.学生奨励賞 _________________________________________________ 前回からの継続議題である学生奨励賞について、今回もフリーディスカッションを行い、 以下のような意見がだされた。  窓口・とりまとめは代表・副代表で担当し、審査は外部の方に依頼する。  受賞対象が学生の間の仕事であれば、学位取得後でも申請可能とする。  落選しても、何度も応募可とする。  一年に一回。 _________________________________________________
7.その他 _________________________________________________ 鈴木委員:合同セッション「マルチフェロ」に関して、領域8との役割分担を要確認。 合同セッションに関して、事務手続きを簡素化できないか。以前(春)、学会事務局に 確認したところ、秋に忘れられていた。  ->野尻代表より、学会事務山口さんに再度問い合わせ。 [提案内容] 合同セッションの募集要項は両方の領域に書いておいて、プログラムを 主領域が担当し、編成は主・副で調整する。 大久保委員:議事録、ウェブ、議事録の作業内容をファイルにまとめて、申し送り事項 として引き継ぎを行ってほしい。 野尻代表:数年分の議事録PDFを引き継いでいく必要がある。 大久保委員:今回の年会のように、ポスター発表が口頭発表と同じ時間にあると、他の 日がすかすか、パラレルを避けられないか。会場が離れている場合は、特に問題がある。 ->口頭発表セッションの開始時間、または終了時間を30分程度ずらすことでポスター 会場に立ち寄る時間を確保する。次回のプロ編で努力目標にしてほしい。 野尻代表:もう少しオーラル発表の件数が増えてほしい。学生奨励賞(領域3での口頭 発表を条件とする)による、学生の口頭発表の動機付け。 野尻代表:国際化(発表の英語化)と並行して、学生向けのチュートリアルセッションを 充実化させたい。

2013年秋季大会(徳島大学常三島キャンパス)
インフォーマル・ミーティング議事録

日時:2013年9月27日 17:30~
      
場所:徳島大学常三島キャンパス KM 会場
日時: 平成25年9月27日(金) 17:30~19:00 場所: 徳島大学常三島キャンパス 工学部共通講義棟5階KM会場 参加者 (敬称略): 野尻浩之 (東北大金研、領域代表) 吉村一良 (京大理、領域副代表) 植田浩明 (京大院理、磁性(化合物磁性)) 和氣剛 (京大院工、磁気共鳴(NMR)) 谷口知大 (産総研、磁性(スピントロニクス)) 新見康洋 (東大物性研、磁性(スピントロニクス)) 鈴木隆史 (兵庫県立大工学部、磁性(スピン系)) 大久保晋 (神戸大分子フォトセ、磁気共鳴(ESR、スピン系)) 辻本吉廣(物質・材料研究機構) 北川健太郎(高知大理) 家田淳一(原研) 菊池彦光(福井大工)、浅野泰典(福井大工)
議題: _________________________________________________
1. 領域3活動報告 _________________________________________________ プログラム会議の報告 ―シンポジウムテーマの重複 事前調整は現実的には難しいので,運営に不備が なければ重複は仕方が無い。現状維持で様子をみることになった。 -領域活性化予算 -プログラム編成会議 プログラム編成会議は人数制限はない。増やす必要があ る場合は領域代表に相談すれば可能。 -シンポジウムの外国人がいる場合のタイトルの表現について議論され,タイト ル表現は工夫してもらうこととするが、一律に日英のどちらにするかは現状では 定めないこととなった。 -若手賞3名の申請,論文賞の締切りに向けて推薦の依頼を領域3メーリングリ スト他に早めにアナウンスすることが確認された。 -植田プログラム編成委員より プログラム編成会議は事前の編成に手間がかか る。今回はバルクの発表件数が多いのでその分類に手伝ってもらう人が必要と提 案された。 _________________________________________________
2. 次期副代表の紹介と承認 _________________________________________________ 佐久間昭正(東北大工,スピントロニクス)が承認された。 _________________________________________________
3.次期運営委員の役割分担および承認 _________________________________________________ 次期運営委員の役割分担が以下の様に提案され承認された。 辻本吉廣 -> プログラム 北川健太郎 -> メーリングリスト 家田淳一 -> 議事進行 _________________________________________________
4.次々期運営委員の選任および承認 _________________________________________________ 次々期運営委員候補として候補者が以下の様に提案され承認された。 新見委員 -> 戸川欣彦(大阪府立大21世紀、スピントロニクス) 鈴木委員 -> 中野博生(兵庫県立大理、量子スピン系計算) 大久保委員 -> 菊池彦光(福井大工、磁気共鳴) 世話人を博士研究員でも可とするか意見交換がなされた。 ・ポスドクでも構わないが、どちらかといえば職に就いた方の方が望ましい ・直接の知り合いでなく依頼しにくいときは領域代表から依頼をだすという手も ある。 という意見が出された。 _________________________________________________
5.領域3略称問題 _________________________________________________ 理事会の現状認識を領域代表から報告があった。 最終的な取りまとめは理事会に任せることとし,領域3は他分野によらず「磁 性」とすると確認をした。 _________________________________________________
6.学生奨励賞の創設 _________________________________________________ 領域代表から背景の報告があった。(領域1、2で設けている。) 今回はフリーな議論を行って、次回までに取りまとめて、次回承認を得ることと なった。 賞の名称:学生賞 応募の条件:修士、博士問わず筆頭論文で応募する。領域3で発表したことがあ る。推薦書は必要。 _________________________________________________
7.年会での発表件数制限緩和について _________________________________________________ 年会の発表1件の制約で、様々な事情(卒業式と重なった、就職関係で)から発 表変更を希望されることがある。発表日時の変更・移動は出来ることになってい るが、プログラム編成後に変更は困難なので、何か方法が必要。 年会での登壇者変更を1件まで認める。とすれば対応可能という意見がでた。 (2件の発表を許容するものではない)この意見を領域委員会に提案することと なった。 _________________________________________________
8.その他 _________________________________________________ ・鈴木委員より申し送り事項として合同セッションについて説明があった。  年会の主担当は領域3、年会の主担当は領域8が行うという取り決めが確認さ れた。 プログラムで合同セッション以外のマルチフェロックセッションがあるため、領 域8のプログラム編成の方法を聞く必要があることとなった。 ・ 新見委員から、若手奨励賞の受賞式と発表セッションの取扱いについて、通 常のセッションとは切り分けて発表をした方がプログラムの編成が容易になると 提案された。賞状を渡すのに委員に時間がなければ、座長に依頼するのでよいの ではないかと提案された。

2013年年会(広島大学東広島キャンパス)
インフォーマル・ミーティング議事録

日時:2013年3月28日 17:30~
      
場所:広島大学 東広島キャンパス XW 会場
参加者 (敬称略): 鈴木義茂 (阪大基礎工、領域代表) 野尻浩之 (東北大金研、領域副代表) 吉村一良 (京大理、次期領域副代表) 佐藤正寛 (青山学院大院理、磁性(スピン系)) 山口博則 (阪府大院理、磁気共鳴(ESR、スピン系)) 大江純一郎 (東邦大理、磁性(スピントロニクス)) 植田浩明 (京大院理、磁性(化合物磁性)) 和氣剛 (京大院工、磁気共鳴(NMR)) 谷口知大 (産総研、磁性(スピントロニクス)) 新見康洋 (東大物性研、磁性(スピントロニクス)) 鈴木隆史 (兵庫県立大工学部、磁性(スピン系)) 大久保晋 (神戸大分子フォトセ、磁気共鳴(ESR、スピン系))
議題: _________________________________________________
1.次期運営委員の役割分担および承認 _________________________________________________ 次期運営委員の役割分担が以下の様に提案され承認された。 新見委員->プログラム 鈴木(隆)委員->web 大久保委員->議事進行
_________________________________________________
2.次々期運営委員の選任および承認 _________________________________________________ 次々期運営委員候補として候補者が以下の様に提案され承認された。 植田委員 -> 辻本 吉廣 氏 (物質・材料研究機構) 和氣委員 -> 北川 健太郎 氏 (高知大学理学部) 谷口委員 -> 家田 淳一 氏 (原研)
_________________________________________________
3.鈴木代表による領域委員会報告 _________________________________________________ ・シンポジウム、特別講演、招待講演の提案について、留意事項の確認があった。 ・マルチフェロイクスについて領域8との合同セッションを今後進めることの確認があった。 ・領域名について領域3としては「磁性」を提案することを確認した。 ・APPC12の(12th Asia Pacific Physics Conference of AAPPS)アナウンスがあった。
_________________________________________________
4.学生プレゼンテーション賞、学生優秀発表賞について _________________________________________________ 学生賞については、プレゼンテーションのみに対する審査は困難との意見が多数。 投稿論文とその結果の学会発表を審査の対象とする学生奨励賞の創設が提案された。 実際の運用については今後議論が必要だが、学生論文賞の創設を前向きに検討。 次回のインフォーマルミィーティングで提案予定。
_________________________________________________
5. 領域名について _________________________________________________ 磁性・磁気共鳴という領域の名前を自主的に磁性にすることを提案し、 秋のインフォーマルで可否を決定することが確認された。
_________________________________________________
6. 次々期領域3副代表の選任 _________________________________________________ 鈴木代表より、次々期領域3副代表として 東北大学工学部応用物理 佐久間 昭正 氏 が推薦され、審議の結果承認された。
_________________________________________________
7. その他 _________________________________________________ (a)講演の移動に関して発表の移動が受け付けられる条件について議論がなされた。 (b)磁気共鳴もポスターを行う事(磁性分野だけと特にこだわらない)を確認した。 (c)世話人のメーリングリストをGmailのメーリングリストに変更することが承認された。 (d)パラレルセッションの組み方について議論がなされた。 (e)論文賞への積極的な応募を働きかけることが提案された。

2012年秋季大会(横浜国立大学常盤台キャンパス)
インフォーマル・ミーティング議事録

日時:2012年9月20日 18:00~
      
場所:横浜国立大学 常盤台キャンパス CA 会場

参加者(敬称略):
鈴木(阪大、代表)、野尻(東北大、副代表)、吉村 (京大、次期副代表)、
今村 (産総研) 、岡本 (東大)、 酒井 (原子力機構、議事進行)、
大江 (東邦大)、 佐藤 (青山学院大)、山口 (大阪府大) 、
植田 (京大)、 和氣 (京大) 、谷口 (産総研)
一般参加者1名

_________________________________________________
1. 次期領域運営委員の紹介と役割分担 _________________________________________________
次期運営委員の役割分担が以下のように提案された。
和氣委員 → 議事進行 植田委員 → プログラム 谷口委員 → メーリングリスト
審議の結果、承認された。


(補足)2012年10月から2013年3月までの運営委員会の体制 (敬称略)
領域代表 鈴木(阪大) 領域副代表 野尻(東北大) メーリングリスト 谷口(産総研) 議事進行 大江(東邦大)、和氣(京大) プログラム 佐藤(青山学院大院)、植田(京大) Web 山口(大阪府大)

_________________________________________________
2. 次々期領域運営委員の選出と承認 _________________________________________________
大江委員、佐藤委員、山口委員より、次々期運営委員候補として以下の方が提案 された。
大江委員 -> 新見 康洋 氏(東大物性研) 佐藤委員 -> 鈴木 隆史  氏(兵庫県立大工学部) 山口委員 -> 大久保 晋 氏 (神戸大分子フォトセ)
審議の結果、承認された。

_________________________________________________
3. 鈴木代表による領域委員会報告 _________________________________________________
(a) シンポジウムの提案は早めに鈴木代表に提出することの確認があった。

(b) 座長資格について
・他学会の会員でも登壇資格者は座長になることができる。
・セッション内の講演者、共著者は座長になれない。
・ポスターセッションの座長は、ポスターの共著者に含まれていてもなることが
できる。

(c) APPC12について
・磁性のセッションについての提案は、鈴木代表、もしくは物性研の大谷教授に
行う。

(d)学生プレゼンテーション賞、学生優秀発表賞について
・今回の新設は見送り、継続審議とする。次回のインフォーマルミーティングで
も議題に挙げる。
・問題点は、審査委員、審査方法、副賞、ポスターの取り扱いについて。

_________________________________________________
4. 論文賞募集文修正案の再確認 _________________________________________________
鈴木代表から提案された論文賞募集文について検討が行われた。

・締め切りを10月26日に変更。変更の連絡を領域メーリングリストで発送す
る。

・修正案後半部分にある「最大1篇を」の部分を「応募された中から最大1篇
を」に訂正する。

・過去5年間に推薦された論文が候補になるが、対象は2011年以降に推薦さ
れたものからとする。
___________________________________________
5. 領域名称の修正について _________________________________________________
鈴木代表より領域名称変更についての現状報告、 領域名称の修正について議論
が行われた。

・名称の変更については、領域3は賛成であるが、ほとんどの領域は反対。
・番号を残して名前を着けることが推奨され、文字数制限はなくなった。
・提案する領域名は、「領域3磁性」。(前回の提案と変更なし)

_________________________________________________
6. その他 _________________________________________________
(a)プログラムやホームページなど、すべての名簿に副代表の名前を載せることを、
鈴木代表に領域会議で提案して頂く。

(b)PCトラブルなどで発表ができなくても、プログラムの変更は認められない事
の確認があった。

(c)次回のインフォーマルミーティングも3日目夕方に予約することの確認があった。

(d)世話人メーリングリストへのメンバー追加時期は、インフォーマルミーティング
での次々期世話人の承認後、物理学会への正式手続を待たずに速やかに行うことと
確認した。


2012年年会(関西学院大学上ヶ原キャンパス)
インフォーマル・ミーティング議事録

日時:2012年3月26日 18:00~
      
場所:関西学院大学 西宮上ケ原キャンパス AA 会場

参加者(敬称略):
鈴木(阪大、代表)、野尻(東北大、副代表)、
関(東北大、議事進行)、轟木(千葉工大)、櫻井(神戸大)、
岡本(東大)、酒井(原子力機構)、今村(産総研)
山口(大阪府大)、佐藤(青山学院大)、大江(東邦大)

_________________________________________________
1. 次期領域運営委員の紹介と役割分担 _________________________________________________
次期運営委員の役割分担が以下のように提案された。
山口委員 → Web 佐藤委員 → プログラム 大江委員 → 議事進行
審議の結果、承認された。


(補足)2012年4月から2012年9月までの運営委員会の体制 (敬称略)
領域代表 鈴木(阪大) 領域副代表 野尻(東北大) メーリングリスト 今村(産総研) 議事進行 酒井(原子力機構)、大江(東邦大) プログラム 岡本(東大)、佐藤(青山学院大) Web 山口(大阪府大)

_________________________________________________
2. 次々期領域運営委員の選出と承認 _________________________________________________
岡本委員、酒井委員、今村委員より、次々期運営委員候補として以下の方が提案 された。
岡本委員 → 植田 浩明 氏(京大院 理) 酒井委員 → 和氣 剛 氏 (京大院 工) 今村委員 → 谷口 知大 氏 (産総研)
審議の結果、承認された。

_________________________________________________
3. 次期領域副代表の選任 _________________________________________________
上床 前領域代表より、次期領域副代表候補として、
京大院 理 吉村 一良 氏
が推薦された。 審議の結果、承認された。

_________________________________________________
4. 論文賞候補論文の推薦基準に関して _________________________________________________
野尻副代表より、論文賞推薦基準に関して議事として挙げた趣旨説明。 領域3から、積極的に1編を推薦するように努力するために 領域からの推薦をどう行うか、その基準作成をどう行うかという点。

(a)(領域3から1編の推薦を決める時の現行ルールについて)
「複数の推薦があった場合は、 代表、副代表、世話人で厳正に検討の上、1編を領域3から推薦」と記載があり、 複数の推薦が挙がらなかった場合には、検討を行わずに推薦する、 という意味にも読めるために以下のような旨で修正する。 正式な修正文は、鈴木代表が作成する。
「推薦があった論文については、世話人会、代表、副代表、世話人での検討を行 い、最大1編を領域3から推薦」 また、推薦宛先は、代表宛とし、領域3として募集する推薦の締め切りは、 検討時間を確保するために、 領域3から学会への推薦の締め切り1カ月程度前に設定する。
(b) 副代表が JPSJ の Editors’ Choice などを中心に被引用数等を考慮して 受賞可能対象(過去5年分)データベース化しておき、 参考比較できるように準備しておくことにしておく。 また、過去の推薦が有った論文に付いては、このデータベースに登録しておき、 受賞可能年限の間は、領域3推薦とする検討候補として残す。

_________________________________________________
5. 物性領域の領域名について _________________________________________________
鈴木代表より、趣旨説明。領域名称を「領域3」から、 25文字までの名称表示に改めることの是非について議論された。
名称表示に副題をつけると、字数制限の都合、 現在設けられている全ての副題を入れることはできない。 また、将来本領域に含めるべき学問領域を規定することにも繋がりかねないため、 「磁性」とシンプルにして、サブタイトルは設けないこととして提案する。

_________________________________________________
6. その他 _________________________________________________
(a) 現行プログラムに、領域副代表一覧が載せられていないので、 載せていただけるよう野尻代表より提案が有り、 鈴木代表から正式に事務局へ提案していただくこととした。
(b) 野尻副代表より、 口頭発表の時間を早めに切り上げて ポスターセッションと重複しない時間を取るなど工夫すべきという提案が有り、 教室の数など会場の条件にもよるがその方向で努力する旨、了承された。
(c)「量子スピン系」と「フラストレーション系」等、 相互関連分野の口頭発表セッションが平行に行われる例が多く、 領域3会員の方から、オーバーラップをできるだけ避けて欲しい、との旨の要望 が櫻井委員より伝えられ、 原則として次回のプログラム編集では、できるだけ考慮することが確認された。
(d) メーリングリストアドレスとして、 「sewanin-all」と 「sewanin」 が存在するが、 「sewanin」は現在あまり使われていないことと、両者の差があまりないため、 今回をもって廃止する旨、今村委員より提案され承認された。
(e) 日本物理学会賞若手奨励賞の自薦・他薦依頼が鈴木代表よりあった。


2011年秋季大会(富山大学五福キャンパス)
インフォーマル・ミーティング議事録

日時:2011年9月23日 18:00~
      
場所:RA会場
 日本物理学会2011年秋季大会のインフォーマルミーティングにおいて、領域代表、領域副代表、 次期領域副代表ならびに領域運営委員からの提案、ならびに日本物理学会からの関連情報を基に議 題を作成し、審議する。

参加者(敬称略)
上床(東大、領域代表)、鈴木(阪大、副代表)、野尻(東北大、次期副代表)、
川崎(徳島大、議事進行)、葛西(無機材研、プログラム)、
轟木(千葉工大、プログラム)、櫻井(神戸大、Web)、関(東北大、議事進行)
酒井(原研)、岡本(東大)、今村(産総研)

議題
1. 次期運営委員の役割分担および承認
2. 次々期運営委員の選任および承認
3. 次期領域代表の任期に関して
4. 次々期領域副代表の選任に関して
5. 第67回年次大会講演募集要項に関して
6. プログラム編集作業に関して
7. 招待講演、企画講演、チュートリアル、シンポジウム、インフォーマルミーティングについて
8. 領域運営委員メーリングリストの更新願い

以上の議題について、以下のように審議、議論ならびに決定が行われた。

------------------------------------------------------------------------
1.次期運営委員の役割分担および承認
------------------------------------------------------------------------
次期運営委員の役割分担が以下のように提案された。
酒井委員 → 議事進行担当
岡本委員 → プログラム担当
今村委員 → メーリングリスト担当

審議の結果、承認された。


(補足)2011年10月から2012年3月までの運営委員会の体制 (敬称略)
領域代表 鈴木(阪大)
領域副代表 野尻(東北大)
メーリングリスト 今村(産総研)
議事進行 関(東北大)、酒井(原研)
プログラム 轟木(千葉工大)、岡本(東大)
Web 櫻井(神戸大)


------------------------------------------------------------------------
2.次々期運営委員の選任および承認
------------------------------------------------------------------------
櫻井委員、轟木委員、関委員より次々期運営委員候補として以下の方が提案された。

櫻井委員 → 山口博則 氏  (大阪府大 理)
轟木委員 → 佐藤正寛 氏  (青山学院大 理工)
関委員  → 大江純一郎 氏 (東邦大学 理)

審議の結果、承認された。


------------------------------------------------------------------------
3. 次期領域代表の任期に関して
------------------------------------------------------------------------
 公益法人制度改革による日本物理学会の一般社団法人への移行により役員任期を2012年3月で一 旦終了する必要があるという連絡がなされ、それに伴う領域代表および副代表の任期の変更につい て議論された。
 領域副代表(次期領域代表)の鈴木教授より以下の提案がなされた。

次期領域代表・鈴木 任期:2011年10月 ~ 2013年3月
次期領域副代表・野尻 任期:2011年10月 ~ 2013年3月

審議の結果、承認された。


------------------------------------------------------------------------
4. 次々期領域副代表の選任に関して
------------------------------------------------------------------------
次々期領域副代表の選任に関しては、2012年3月開催の第67回年次大会のインフォーマルミーティ ングで行われることが提案され、承認された。


------------------------------------------------------------------------
5. 第67回年次大会講演募集要項に関して
------------------------------------------------------------------------
第67回年次大会講演募集要項の記載内容に関して、以下の内容が議論された。
 5.1 ポスターセッションに関して
 例年と同様にポスターセッションを行うことが提案され、承認された。

 5.2 キーワードに関して
 記載されているキーワードに関して変更が無いことが確認された。

 5.3 領域9との合同セッションに関して
 例年と同様に領域9との合同セッションを開催することが提案され、承認された。

以上の内容に関して、領域副代表の鈴木教授が事務局へ連絡することが確認された。


------------------------------------------------------------------------
6. プログラム編集作業に関して
------------------------------------------------------------------------
プログラム担当の葛西氏より、プログラム編集作業に関して以下の議題提案がなされた。

6.1 講演会の教室の割り振りに関して
 教室の割り振り希望調査がプログラム編集会議よりも前に行われるため、聴講者数に適当でな い大きさの教室が割り振られるという問題が指摘された。この対策として、セッション毎の過去数年 分の発表者数および聴講者数データを事務局から提供して頂き、それをもとに必要とされる教室の大 きさを判断することが提案され、承認された。事務局への連絡はプログラム担当の轟木氏が行うこと が確認された。

6.2 ポスターセッションに関して
 ポスターセッションの形式を、「PS」に集約する1回の形式が良いのか、「PSa」「PSb」に分割 する2回の形式が良いのかの議論がなされた。これに関して、口頭セッションとポスターセッショ ンとが重複しないとする原則が確認された。


------------------------------------------------------------------------
7. 招待講演、企画講演、チュートリアル、シンポジウム、インフォーマルミーティングについて
------------------------------------------------------------------------
 招待講演、企画講演、チュートリアル、シンポジウム、インフォーマルミーティングの申込期 日が確認され、積極的な企画提案をお願いしたいとの連絡があった。


------------------------------------------------------------------------
8. 領域運営委員メーリングリストの更新願い
------------------------------------------------------------------------
 領域運営委員メーリングリストの登録メンバーの更新依頼があったことが連絡され、メーリン グリスト担当の今村氏が対応することが確認された。


2011年3月(メール審議)
インフォーマル・ミーティング議事録

修正案:2011年4月20日
	  
日時:2011年3月
東日本関東大震災のため、第66回年次大会が中止となったので、インフォーマルミーティングについて、 領域運営委員会メーリングリストで議題の審議ならびに承認を行う。領域代表からの次期領域代表ならびに 次期副代表の提案ならびに日本物理学会からの関連情報を基に議題を作成し、審議する。
参加者(敬称略)
上床(東大、領域代表)、鈴木(阪大、副代表)
寺田(物材機構、Web担当)、黒江(上智大、プログラム)、山口(慶大、書記)
細越(大阪府大、メーリングリスト)、川崎(徳島大、議事進行)、葛西(物材機構、プログラム)
轟木(千葉工業大学)、櫻井(神戸大学)、関(東北大学)

議題
1 次期領域代表、次期領域副代表、次々期運営委員の選任・承認
2 企画提案(招待講演、企画講演、チュートリアル、シンポジウム)について
3 議事録の公開と意見集約について
以上の議題について、以下のように審議、議論ならびに決定が行われた。
------------------------------------------------------------------------
1 次期領域代表と次期副代表の選任・承認
------------------------------------------------------------------------
1.1.次期領域代表と次期副代表の選任・承認 上床領域代表から次期領域代表および次期副代表候補の決定が以下のように提案された。 次期代表は現副代表の鈴木先生にお願いする。 次期副代表として野尻教授(東北大学金研)を推薦する。 メールによる審議の結果、提案通りに承認された。 1.2. 次々期運営委員の選任・承認 細越委員、川崎委員、葛西委員より次々期運営委員候補として以下の方が提案され、 細越委員 → 岡本佳比古 (東京大学物性研究所) 川崎委員 → 酒井宏典(日本原子力研究開発機構 先端基礎研究センター) 葛西委員 → 今村 弘志 (産業技術総合研究所)  メール審議の上承認された。
------------------------------------------------------------------------
2 運営委員の担当
------------------------------------------------------------------------ 轟木委員 → プログラム担当 櫻井委員 → Web担当 関委員  → 議事進行担当 メール審議の上、承認された。 (補足)2011年4月から9月までの運営委員会の体制 (敬称略) 領域代表 上床(東大) 領域副代表 鈴木(阪大) メーリングリスト 細越(大阪府大) 議事進行 川崎(徳島大)、関(東北大) プログラム 葛西(無機材研)、轟木(千葉工大) Web 櫻井(神戸大)
------------------------------------------------------------------------
3 企画提案(招待講演、企画講演、チュートリアル、シンポジウム)について
------------------------------------------------------------------------
3.1. 若手奨励賞について 1) 若手奨励賞の授賞日は、下記、年次大会で予定されていた受賞講演 日とする。   (賞状の日付は、そうなっております。) 素粒子論領域 3/25 素粒子実験領域 3/25 理論核物理領域 3/26 実験核物理領域 3/26 宇宙線・宇宙物理領域 3/25 ビーム物理領域領域 3/25 領域1 3/26 領域2 3/25 領域3 3/26 領域4 3/27 領域5 3/26 領域6 3/26 領域7 3/27 領域8 3/25 領域9 3/26 領域11 3/25 領域12 3/26 2) 若手奨励賞受賞講演は、2011年秋季大会で行うため、今回同様講演申込を必ずして下さいとのこと。 (秋の大会に参加できない受賞者の講演は2012年春の年次大会で行う) 3) 賞状は、受賞講演時に領域代表から手渡すものとする。 2.2.シンポジウム、企画講演、招待講演、チュートリアル講演について 1) 一般講演とは異なり、2011年春の年次大会で講演したものとは扱わ ない。 2) 会誌4月号の会告中の「2011年秋季大会の企画募集」にしたがい、  通常の講演と同様に申し込むことができる。    日本物理学会より、上記のように関連情報が案内され、確認された。
------------------------------------------------------------------------
3 議事録の公開と意見集約について
------------------------------------------------------------------------
本来インフォーマルミーティングはだれもが参加できる環境であったが、 今回の議題1、2は領域運営委員のみの議論であった。領域3の参加者全体の意見 の集約する場を確保するために、議事録をホームページで公開した後に、 メールで意見・議題を募集する期間を設けることが提案され、了承された。

2010年秋季大会(大阪府立大学中百舌鳥キャンパス)
インフォーマル・ミーティング議事録

日時:2010年9月25日(日)17:30 -

場所:WL会場

参加者(敬称略)
太田(神戸大、領域代表)、上床(東大、次期代表)、鈴木(阪大、副代表)
藤山(理研、議事進行)、柴田(東洋大、プログラム)、本多(埼玉大、メーリングリスト)
寺田(物材機構、Web担当)、黒江(上智大、プログラム)、山口(慶大、書記)
細越(大阪府大)、川崎(徳島大)、葛西(物材機構)

議題
1 次期運営委員の紹介と次々期運営委員の選任・承認
2 企画提案(招待講演、企画講演、チュートリアル、シンポジウム)について
3 科研費細目表について
4 物理学会の英文学術誌の再編について

------------------------------------------------------------------------
1 次期運営委員の紹介と次々期運営委員の選任・承認
------------------------------------------------------------------------
次期運営委員からの自己紹介が行われ、役割担当が以下のように決定した。
  細越裕子(大阪府立大学)、分子磁性、担当:メーリングリスト
  川崎祐(徳島大学)、NMR、担当:議事進行
  葛西伸哉(無機材研)、スピントロニクス、担当:プログラム

 次々期運営委員の選任と承認が以下のように決定した。
  轟木義一(千葉工業大学)、量子スピン系
  櫻井敬博(神戸大学)、磁気共鳴系
  関剛斎(東北大学)、スピントロニクス系

------------------------------------------------------------------------
2 企画提案
------------------------------------------------------------------------
太田代表よりシンポジウム、チュートリアル、企画講演等の性格の説明および積極的な提案を
募集する旨説明があった。
------------------------------------------------------------------------
3 科研費細目表について
------------------------------------------------------------------------
科研費の細目について、物性IとIIのキーワードについて、スピントロニクスならびにマルチ
フェロイックをキーワードとして入れるかどうかについて議論が行われた。結論は現状維持で、
この2つの言葉は物性IとIIの細目には入れないことを確認した。
------------------------------------------------------------------------
4 JPSJの再編について
------------------------------------------------------------------------
JPSJおよびPTPの再編について太田代表より説明があった。
JPSJについては、Open selectを選択することによるサーキュレーションの向上の可能性および
実績について指摘があった。領域3の投稿先は概ねJPSJになるだろうとの結論に達した。
------------------------------------------------------------------------
5 その他
------------------------------------------------------------------------
メーリングリスト運営について、現行どおり投稿内容をメーリングリスト担当者が内容を確認の上、
全体に流す方針を継続することとした。
プログラム;領域3の主分野は3つ。各分野の世話人が編成会議に出席し、プログラムを編成すること
が望ましい。

2010年年会(岡山大学津島キャンパス)
インフォーマル・ミーティング議事録

日時:2010年3月22日(日)17:30 -19:00

場所:GC会場

参加者(敬称略)
太田仁(現領域代表)、上床美也(現領域副代表、次期領域代表)、
田畑吉計(ウエブ) 、小野俊雄(プログラム)、水上成美(議事進行)、
本多善太郎(メーリングリスト)、藤山茂樹(議事録)、柴田絢也(プログラム)、
鈴木義茂(次期領域副代表)、山口明啓(次期世話人)、黒江晴彦(次期世話人)

議題
1 代表、副代表の承認と紹介
2 次期世話人の紹介
3 次々期世話人の選出と承認
4 英語キーワードの承認
5 次回若手奨励賞の日程等について
6 次回論文賞の推薦について
7 招待・企画・シンポジウム講演について
8 PTP/JPSJ 統合について

------------------------------------------------------------------------
1 代表、副代表の承認と紹介
------------------------------------------------------------------------
以下、承認された。
現代表 太田仁      → 次期代表 上床美也
現副代表 上床美也    → 次期副代表 鈴木義茂

------------------------------------------------------------------------
2 次期世話人の紹介
------------------------------------------------------------------------
現 田畑吉計(京大工)  → 次期 寺田典樹(物材機構)
現 小野俊雄(東工大理工) → 次期 黒江晴彦(上智大理工)
現 水上成美(東北大WPI) → 次期 山口明啓(慶応大理工)
役割分担は以下のとおり。寺田典樹(ウェブ)、黒江晴彦(プログラム)、山口明啓(議事)

------------------------------------------------------------------------
3 次々期世話人の選出と承認
------------------------------------------------------------------------
以下、承認された。
現 本多善太郎(埼玉大工) → 細越裕子 (大阪府立大) 
現 藤山茂樹(理研)     → 川崎祐 (徳島大)
現 柴田絢也(神奈川工科大) → 葛西伸哉 (物材機構)

なお、次回以降世話人候補者の選出に当たっては所属研究機関が互いに重ならないよう
配慮することを申し合わせた。

------------------------------------------------------------------------
4 英語キーワードの承認(添付資料有)
------------------------------------------------------------------------
承認された。
日本語のキーワード「スピントロニクスおよび微小領域磁性」における「微小領域磁性」
の扱いについて、必要・不必要の立場から意見が出された。継続審議となった。

------------------------------------------------------------------------
5 次回若手奨励賞の日程等について(添付資料有)
------------------------------------------------------------------------
締切日と前回応募用紙のテンプレート(会員番号,生年月日など必要情報を書かせる)の作成。
原則pdf化されたファイルによる電子申請とする。
提出先を領域代表から領域副代表に変更する。
締切は7月30日(金)24時と決まった。

------------------------------------------------------------------------
6 次回論文賞の推薦について(推薦締切:9月末)
------------------------------------------------------------------------
締切は9月30日と決まった。

------------------------------------------------------------------------
7 招待・企画・シンポジウム講演について(添付資料有)
------------------------------------------------------------------------
領域3は招待・企画・シンポジウム講演の提案が活発でないので,
検討いただきたい旨領域代表より説明があった。
締切は4月30日である。

------------------------------------------------------------------------
8 PTP/JPSJ 統合について(添付資料有)
------------------------------------------------------------------------
領域代表より経緯説明があった。

2009年秋季大会(熊本大学黒髪キャンパス) インフォーマル・ミーティング議事録

日時:2009年9月27日(日)17:30 -19:00

場所:RA会場

参加者(敬称略)
大谷義近(現領域代表)、太田仁(現領域副代表、次期領域代表)、上床美也(次期領域副代表)、
真中浩貴(メーリングリスト)、小手川恒(議事進行)、水上成美(議事録)、
田畑吉計(ウエブ) 、小野俊雄(プログラム)、本多善太郎(次期世話人)、
藤山茂樹(次期世話人)、柴田絢也(次期世話人)、黒江晴彦(次々期世話人)、山崎照夫(見学)

議題
1 次期世話人の紹介
2 次々期世話人の選出と承認
3 若手奨励賞関連
4 論文賞関連
5 キーワード関連
6 領域世話人の名称と任期について
7 その他

------------------------------------------------------------------------
1 次期世話人の紹介
------------------------------------------------------------------------
現 真中浩貴(鹿児島大理工) → 次期 本多善太郎(埼玉大工)
現 小手川恒(神戸大理)   → 次期 藤山茂樹(理研)
現 多々良源(首都大理工)  → 次期 柴田絢也(神奈川工科大)
役割分担は本多善太郎(メーリングリスト)、藤山茂樹(議事)、柴田絢也(プログラム)となった。


------------------------------------------------------------------------
2 次々期世話人の選出と承認
------------------------------------------------------------------------
現 小野俊雄(東工大理工) → 次々期 黒江晴彦(上智大理工)
現 水上成美(東北大WPI) → 次々期 山口明啓(慶応大理工)
現 田畑吉計(京大工)  → 次々期 寺田典樹(物材機構)


------------------------------------------------------------------------
3 若手奨励賞関連
------------------------------------------------------------------------
分野が偏る傾向を避けるため、なるべく広く応募を募る様にとの意見があった。
若手奨励賞の応募条件を「応募締め切り時点で39歳以下とする」こととなった。
この件は新領域代表が領域委員会で報告する。
また、応募書類をpdfテンプレート化し、電子メールで提出し、
領域代表が取りまとめやすいように検討することになった。
これについてはウエブ担当で対応することとなった。


------------------------------------------------------------------------
4 論文賞関連
------------------------------------------------------------------------
新領域代表が、領域3の推薦を促すようメーリングリストや、領域ウエブ上で周知させることとなった。


------------------------------------------------------------------------
5 キーワード関連
------------------------------------------------------------------------
新領域代表が電子メールで意見を集約することとなった。


------------------------------------------------------------------------
6 領域世話人の名称と任期について
------------------------------------------------------------------------
領域世話人の名称の件
名称の変更については賛成多数で「領域運営委員」を支持することとなった。
任期の変更の件
5月-翌年4月 → 4月-翌年3月
11月-翌年10月 → 10月-翌年9月
上記の任期の変更について異論はなかった。
以上の件について、新領域代表が次回の領域委員会で報告することとなった。


------------------------------------------------------------------------
7 その他
------------------------------------------------------------------------
予稿集にも発表の手順などの「講演者への案内」について書いてほしいという意見があったので、
新領域代表が働きかけることとなった。
また、予稿集やプログラムの誤字脱字が多いとの指摘があった。
新領域代表はOHPの廃止について領域会議で提案することとなった。


2009年年会(立教大学) インフォーマル・ミーティング議事録

日時:2009年3月29日(日)18:00〜19:00

場所:TG会場

参加者(敬称略)
大谷義近(領域代表)、太田仁(領域副代表)、上床美也(次期領域副代表)、
鳴海康雄(ウェブ)、長濱太郎(プログラム)、道岡千城(議事進行)、
真中浩貴(メーリングリスト)、小手川恒(議事録)、多々良源(プログラム)、
水上成美(次期世話人)、田畑吉計(次期世話人) 、太田寛人(京大理)

議題
1 次期世話人の紹介
2 次期代表、及び副代表の選出
3 次々期世話人の選出と承認
4 若手奨励賞関連
5 キーワード関連
6 その他

------------------------------------------------------------------------
1 次期世話人の紹介
------------------------------------------------------------------------
現 鳴海康雄(東北大)   → 次期 小野俊雄(東工大)
現 長濱太郎(産総研)   → 次期 水上成美(東北大)
現 道岡千城(京大理)   → 次期 田畑吉計(京大)
役割分担は小野俊雄(プログラム)、水上成美(議事進行)、田畑吉計(ウェブ)となった。


------------------------------------------------------------------------
2 次期代表、及び副代表の選出
------------------------------------------------------------------------
代表  現 大谷義近(東大物性研) → 次期 太田仁(神戸大分子フォト)
副代表 現 太田仁(神戸大分子フォト) → 次期 上床美也(東大物性研)


------------------------------------------------------------------------
3 次々期世話人の選出と承認
------------------------------------------------------------------------
現 真中浩貴(鹿児島大理工) → 次々期 本多善太郎(埼玉大工)
現 小手川恒(神戸大理)   → 次々期 藤山茂樹(理研)
現 多々良源(首都大理工)  → 次々期 柴田絢也(神奈川工科大)


------------------------------------------------------------------------
4 若手奨励賞関連
------------------------------------------------------------------------
分野が偏る傾向を避けるため、なるべく広く応募を募る様にとの意見があった。
また、学会中の選考会議に用いる部屋が必要なため、
インフォーマルミーティングの部屋と別に確保するようにとの連絡があった。


------------------------------------------------------------------------
5 キーワード関連
------------------------------------------------------------------------
講演申込みのキーワード(英語)についての見直しを行った。
また、日本語のキーワードについても以下のような意見があった。
・スピントロニクスは第2キーワードを選びにくい
・キーワードが実験向きになっている
・第1キーワードに理論があった方がよい
議論の上、今後日本語のキーワードについても見直しをしていくことに決めた。


------------------------------------------------------------------------
4 その他
------------------------------------------------------------------------
プログラム編成に関して以下のような意見があった。
・理論と実験を同じセッションで混ぜた方が良い
・プログラム編成には分野のことを理解している人がいる方が良い


2008年秋季(岩手大学) インフォーマル・ミーティング議事録

日時:2008年9月21日(日)18:00〜19:00

場所:QH会場

参加者(敬称略)
元屋清一郎(領域代表)、大谷義近(領域副代表)、深澤英人(議事進行)、
長濱太郎(プログラム)、鳴海康雄(ウェブ、メーリングリストサブ)、小野俊雄(次々期世話人)、
多々良源(次期世話人)、道岡千城(議事録)、益田隆嗣(プログラム)、
真中浩貴(次期世話人)、齋藤英治(メーリングリスト・キーワード)、
坂井徹、利根川孝、中野博生

議題
1 次期世話人の紹介
2 次々期世話人の選出と承認
3 若手奨励賞関連
4 その他

------------------------------------------------------------------------
1 次期世話人の紹介
------------------------------------------------------------------------
世話人 現 益田隆嗣(横浜市大理) → 次期 真中浩貴(鹿児島大理工)
    現 深澤英人(千葉大理)  → 次期 小手川恒(神戸大理)
    現 齋藤英治(慶應大理工) → 次期 多々良源(首都大理工)
役割分担は、真中:メーリングリスト、小手川:議事、多々良:プログラムとなった。


------------------------------------------------------------------------
2 次々期世話人の選出と承認
------------------------------------------------------------------------
現 鳴海康雄(東大物性研) → 次々期 小野俊雄(東工大)
現 長濱太郎(産総研)   → 次々期 水上成美(東北大)
現 道岡千城(京大理)   → 次々期 田畑吉計(京大)
以上の選出及び承認が行われた。


------------------------------------------------------------------------
3 若手奨励賞関連
------------------------------------------------------------------------
・若手奨励賞の内規の見直しについて話し合いが行われ、
特に問題点が挙げられなかった。
選考方法について意見があり、元屋領域代表が選考委員に
その内容を伝えることになった。


------------------------------------------------------------------------
4 その他
------------------------------------------------------------------------
・世話人の枠割分担について領域ウェブ担当者(現在、鳴海さんが担当)は、
メーリングリストサブ担当とする。
・ポスター発表と重なる口頭発表が存在するという問題点が挙げられたが、
ポスター発表の日は動かすことが出来ない、領域3の発表が行われる部屋数が減少した、
などの理由からプログラム編成上致し方ない、との結論に至った。
ただしプログラム編成において発表時間が重ならないよう考慮することが検討された。
・学会が斡旋しているホテルの料金が通常の予約に比べて50%以上高いケースがある、
との指摘があった。実際には学会は斡旋を行っていなく、
委託された旅行代理店の問題であることが判明し、
学会事務局に連絡し注意を促すことを検討してもらうことになった。


2008年年会(近畿大学) インフォーマル・ミーティング議事録

日時:2008年3月24日(日)18:00〜19:00

場所:WL会場

参加者(敬称略)
元屋清一郎(領域代表)、中村裕之(議事進行)、吉田誠(ウェブ)、
山崎展樹(プログラム)、益田隆嗣(プログラム)、齋藤英治(メーリングリスト・キーワード)、
鳴海康雄(次期世話人)、長濱太郎(次期世話人)、道岡千城(次期世話人)、
真中浩貴(次々期世話人)、深澤英人(議事録)

議題
1 次期世話人の紹介
2 次期代表・副代表の選出
3 次々期世話人の選出と承認
4 若手奨励賞関連
5 論文賞関連
6 その他

------------------------------------------------------------------------
1 次期世話人の紹介
------------------------------------------------------------------------
世話人 現 吉田誠(東大物性研) → 次期 鳴海康雄(東大物性研)
    現 山崎展樹(理研)   → 次期 長濱太郎(産総研)
    現 中村裕之(京大工)  → 次期 道岡千城(京大理)
役割分担は 道岡:議事、長濱:プログラム、鳴海:ウェブ となった。


------------------------------------------------------------------------
2 次期代表・副代表の選出
------------------------------------------------------------------------
 代表については現副代表・大谷義近先生が就任することが確認された。
副代表については現代表・元屋清一郎先生より太田仁先生(神戸大分子
フォトセ)を推薦される旨が提案され、了承された。


------------------------------------------------------------------------
3 次々期世話人の選出と承認
------------------------------------------------------------------------
益田隆嗣 → 次々期 真中浩貴(鹿児島大理工)
齋藤英治 → 次々期 未定により提出期限までに領域3代表・世話人
MLにて選出・承認の予定
(学会後4月1日に多々良源先生(首都大)が選出され、当該MLにて承認された)
深澤英人 → 次々期 小手川恒(4月より神戸大理)
以上のように選出・承認された。


------------------------------------------------------------------------
4 若手奨励賞関連
------------------------------------------------------------------------
・自薦・他薦を問わず、応募を奨励している。
・元屋代表より内規についての説明あり。
 - 内規については、必要があれば次回以降のインフォーマルミーティング
で議論する(今回は必要との意見なし)。
・奨励賞の受付は、領域代表である(領域WEBに掲載されている)。
・審査については非公開である。
- 現在、WEB上の議事録を閲覧すると申請人数等の記録が把握できる状
況にあり、これは本来非公開の情報である(本来議事での報告もされな
い)。したがって、現在公開されている該当部分は削除することとした。


------------------------------------------------------------------------
5 論文賞関連
------------------------------------------------------------------------
領域3からの推薦がなかったので、もっと増やしてほしい

若手奨励賞、論文賞ともに領域WEBだけでなく、領域MLにおいても
推薦を促すメールを、今後配信することとした。


------------------------------------------------------------------------
6 その他
------------------------------------------------------------------------
・関連シンポジウム(24pRH、24pRJ)と
領域3若手奨励賞記念講演(24pWL)が重なったので、
できればプログラム編成の際、考慮する(事実上は難しい)
・微小領域とは別にスピントロニクスというキーワードを設けた。
しばらくは、微小領域と合同のセッションとして運営される予定。
進展していない。
・第一キーワード「磁性一般」は、プログラム編成上分類が難しいが、
次回も継続してキーワードとして活用してもらう(参加しやすくするため)。
しかし、問題点が見つかれば次回ミーティングで議論する。
・ネームプレートの要・不要を参加申し込み時に選択できるように提案
 (学会事務局・領域代表会議)
・OHPによる発表は必要ないと思われるが、実行委員会による要請が
あるまでは現状維持で特に学会事務局に申し入れ等は行なわない。


2007年年会(北海道大学) インフォーマル・ミーティング議事録

日時:2007年9月22日(日)17:00〜18:00

場所:WE会場

参加者(敬称略)
田中秀数(領域代表)、元屋清一郎(領域副代表・次期領域代表)、大谷義近(次期領域副代表)、
柳原英人(議事進行)、稲垣祐次(プログラム編成)、真岸孝一(メーリングリスト・キーワード)、
吉田誠(ウェブ)、山崎展樹(プログラム編成)、益田隆嗣(次期世話人)、
齋藤英治(次期世話人)、深澤英人(次期世話人)、中村裕之(議事録)

議題
1 次期正副代表および世話人の紹介
2 若手奨励賞関連
3 論文賞関連
4 次々期世話人の承認
5 その他

------------------------------------------------------------------------
1 次期正副代表および世話人の紹介
------------------------------------------------------------------------
代表  現 田中秀数(東工大)   → 次期 元屋清一郎(東京理科大)
副代表 現 元屋清一郎(東京理科大)→ 次期 大谷義近(東大物性研)
世話人 現 真岸孝一(徳島大総合) → 次期 深澤英人(千葉大理)
    現 稲垣祐次(九大工)   → 次期 益田隆嗣(横浜市大)
    現 柳原英人(筑波大物工) → 次期 齊藤英治(慶應大)
役割分担は 深澤:議事、益田:プログラム、齊藤:メーリングリスト・キーワード となった。


------------------------------------------------------------------------
2 若手奨励賞関連
------------------------------------------------------------------------
i) 若手奨励賞規定領域3細目(本年3月制定・5月承認)が田中代表から報告された。
同細則は領域3のホームページに公表済み。また、細則7にあるように、不都合があれ
ばその都度改正すればよいことが説明された。
ii) 「応募資格」に「受賞対象となる業績を日本物理学会の講演として発表している
こと」という要件を加えるべきではないかとの提案がなされた。既に、提出書類として
「該当する学会発表の概要のコピー」を求めているので、事実上、既に要件となってい
るが、明文化することが了承された。ただし、領域3であることは求めないものとする。
iii) 募集は年会に合わせて行われるため、応募〆切は年度により異なり、細則中に明示
できないが、ウェブ、メーリングリスト等を用いて周知することが確認された。


------------------------------------------------------------------------
3 論文賞関連
------------------------------------------------------------------------
領域3として1論文を推薦できるが、どの論文を推薦するかはこれまでは領域代表の
裁量に任されていた。田中代表より、新たな選出方法に関する提案がなされ、以下の
素案が議論された。
i) 募集要項を作り、ホームページに公開する。
ii) 領域3の構成員、代表、副代表、世話人に推薦を求める。
iii) 代表・副代表・世話人の投票で選出する。
iv) 得票数が拮抗した場合は領域代表が裁定する。
v) 代表・副代表・世話人が候補論文の共著者になっている場合は、その代表・副代表
・世話人は投票に参加できないものとする。
vi) どの論文が選出されたかは公表しない。


------------------------------------------------------------------------
4 次々期世話人の承認
------------------------------------------------------------------------
吉田誠  → 鳴海康雄(東大物性研)
山崎展樹 → 長濱太郎(産総研)
中村裕之 → 道岡千城(京大理)
以上3名が承認された。


------------------------------------------------------------------------
5 その他
------------------------------------------------------------------------
i) 学会中のトラブルに対する世話人に役割が議論されたが、基本的には学会の実行委員会
および各セッションの座長に対応を任せることが確認された。
ii) 他領域との合同セッションについて最近の動向が報告された。領域9(表面・界面)から
第63回年次大会で表面磁性に関連する合同セッションを設けることが提案され、領域3とし
て承諾した。また、一部に領域6(低温)との合同セッションの希望があるが、現在のところ
進展していない。


2007年春季大会(鹿児島大学)インフォーマル・ミーティング議事録

日時:2007年3月19日(月)17:45〜19:00

場所:TB会場

参加者(敬称略)
田中秀数(領域代表)、元屋清一郎(領域副代表)、
谷口年史(議事進行)、柳原英人(議事録)、稲垣祐次(プログラム)、真岸孝一(キーワード)、
木村尚次郎(ウェブ)、中村裕之(次期世話人)、山崎展樹(次期世話人)、吉田誠(次期世話人)

議題
1.次期副代表に関する人選
2.次期世話人の紹介
3.若手奨励賞細目修正案
4.領域委員会報告
5.次々期世話人の選出と承認

------------------------------------------------------------------------
1.次期副代表に関する人選(田中)
------------------------------------------------------------------------
次期領域副代表の候補について田中代表、元屋副代表の2名を中心として検討した結果が報告さ
れた。微小領域磁性を専門とする人を候補とし、候補者本人に打診する方針が説明された。最終
的には、メールベースで世話人を含めて承認することとした。


------------------------------------------------------------------------
2.次期世話人の紹介
------------------------------------------------------------------------
現(2006.5−2007.4→次期(2007.5−2008.4)
プログラム: 川口建二(産総研)→山崎展樹(理研)
ウェブ: 木村尚次郎(阪大極セ)→吉田誠(東大物性研)
議事: 谷口年史(阪大)→中村裕之(兵庫県立大)
(担当もそのまま引き継ぐこととなった。)


------------------------------------------------------------------------
3.若手奨励賞細目修正案(田中)
------------------------------------------------------------------------
若手奨励賞細目修正案について田中代表から説明があった。原案では「応募資格」が欠落してい
たので、年齢制限を設けることとなった。
 ● 他領域では“受賞年度末において39歳以下”ないしは“受賞年度末において37歳以下”
  の2つに分かれている。
 ● 関連領域の領域8では“受賞年度末において39歳以下”である。
との説明があり、議論の結果、“受賞年度末において39歳以下”を応募条件とすることが承認さ
された。これを現行細則に追加することとなった。
また、多くの領域に於いて“若手奨励賞”はその趣旨から複数回受賞するのは適当ではないとの意
見があり、領域3においても受賞回数に制限を設けることとなった。過去にいずれかの領域で“若
手奨励賞”を受賞している者は、応募資格がない旨を追記することとなった。
提出書類に関して、“ただし審査対象論文として学位論文を含めない”との断り書きをつけること
とした。
今年の講演数を基準にすると、領域3からは最大で3件程度の
褒賞が可能であるとの説明があった。次年度は12月末に〆切であることが
報告された。ウェブ、メーリングリスト等を用いて積極的に周知することが提案された。
審査委員は、合計6名であるとの説明があった。


------------------------------------------------------------------------
4.領域委員会報告(田中)
------------------------------------------------------------------------
シンポジウムの提案、説明、採択があり、内容が決定された。また年会、分科会の運営に関して
議論がなされたとの報告があった。
次の年会(北大)から総合講演に代わり行われるレビューセッションに関する説明があった。レ
ビューセッションは、パラレルに3会場でそれぞれ2講演を計画。領域3は他に4、5、6、7、
8と合同で、レビューセッション講演者に関するワーキンググループ委員を選出し議論をした結
果、候補を4名に絞ったとの報告。 講演を打診し了解が得られた方(1名)にレビューセッション
を依頼することとなった。領域3では、次々回(3月末)はメールを用いて候補者を募集するこ
となどの提案があった。


------------------------------------------------------------------------
5.次々期世話人の承認
------------------------------------------------------------------------
現(2006.11−2007.10)→次々期(2007.11−2008.10)
真岸孝一 → 深澤英人 (千葉大) 専門:磁気共鳴(NMR)
稲垣祐次 → 後日,稲垣より推薦,メールにて承認*
柳原英人 → 齋藤英治 (慶應大) 専門: 磁性(微小磁性、薄膜、人工格子)
以上2名が承認された。残りは後日メールで提案の後、承認することとした。
*後日,稲垣より次の方が推薦され,メールにより承認を受けた。
 益田 隆嗣 (横浜市大) 専門: 磁性(スピン系)