日本物理学会領域3学生奨励賞受賞者



第2回(2017年)

受賞者(所属) / 研究題目
岩崎惇一(東大工)
    磁性体中におけるトポロジカルテクスチャのダイナミクスの研究
高橋遼(原子力機構)
    スピン流体発電現象の開拓
縄岡孝平(阪大基礎工)
    金属磁性多層膜における伝搬スピン波の電圧変調
林田翔平(東大物性研)
    非弾性中性子散乱によるマルチフェロイック物質RFe3(BO3)4(R=希土類元素)の磁気モデルの探索

受賞した方の写真はこちらです。



第1回(2016年)

受賞者(所属) / 研究題目
石川孟(東大物性研DC3)
    カゴメ格子を基にした新しいフラストレート格子磁性体の開拓
今井正樹(京大理DC3)
    二次元遍歴電子磁性体における強磁性量子臨界点近傍の物性
大沼悠一(東北大金研DC3、原子力機構)
    マグノンによるスピン流生成の線形応答理論
田中雄(東大物性研DC1)
    ブリージングパイロクロア格子をもつLiInCr4O8とLiGaCr4O8のNMR測定
谷口卓也(京大化研DC1)
    スピンホールトルクによる磁壁クリープ現象の研究
若村太郎(パリ南大学Marie-Curie Fellow、東大物性研博士課程終了後1年未満)
    超伝導体におけるスピン注入とスピン輸送

詳しくはこちらをご覧ください。